「すえひろレンガ通り」という素敵な名前の通り

先日、おかず横丁を取材して新御徒町駅に向かっている途中でなかなか良さげな商店街を見つけた。帰宅してから検索してみたけれど、公式HPも見つからない。これは、ひょっとすると穴場な商店街かも?とテンションが上がる。食べログには載っていないお店を発見した気分というか。

というわけでお盆の時期、新御徒町駅から「すえひろレンガ通り」へ向かった。

道路の色がここから変わっている

「すえひろレンガ通り」の入り口

商店街の名前が「末広会商店街」であることが入り口のアーチでわかる。じゃあ「すえひろレンガ通り」はなんの名前なんだろう?再びネットで検索すると、TOKYO MX NEWSで解説されていた。

商店街としては「末広会商店街」なんだ

「すえひろレンガ通り」というのが通りの名前

なるほど、台東区の取り組みで通りに名前をつけようということになって、その第一号がこちらの「すえひろレンガ通り」なんだね。2009年のこと。しかし、この日はお盆ということもあってか、商店街は閑散としている。

通りの名前を冠した整骨院

「レンガ通り整骨院」 東京都台東区台東3-19-2

ちなみに、レンガ通りというと、僕などはエルトン・ジョンのGoodbye Yellow Brick Roadを思い出してしまう。ちょっと口ずさみながら歩いてみた。

戦災を免れた地域なんだそうだ

古い建物がけっこう残っている

住所でいえば台東3丁目あたり。昭和通りの手前で商店街は終わっている。

通りはれんが色の道路になっている

こちらが昭和通りに近い入口

コロッケを売っているお店とかはなさそうだ。一軒だけ暖簾の出ているお寿司屋さんがあったので行ってみようか。