過払い金請求でブラックリスト

コード71が登録されなくなると、過払い金請求があったことも記録されないことになります。

コード71が登録されなくなると、過払い金請求があったことも記録されないことになります。

 
コマーシャルで多く見聞きする「過払い金請求」。借入したことのある人は「私にもあるかもしれない」と思っていますよね。借金で払いすぎた利息を返してもらうためにする請求訴訟です。でも、ブラックリストに載るかもしれないということから、その状況に陥ることを危惧し、実際に行動を起こさない人も多いようです。
そういう状況の改善のためなのか、「過払い金請求の履歴は個人信用情報に当たらない」という金融庁の見解が2010年1月発表され、同年4月19日施行されました。
4月19日以降の過払い金請求は個人信用情報に登録されず、記録上はわからなくなります。

過払い金返還請求 コード71

過払い金返還請求、個人信用情報機関では「コード71」=「契約変更(利息などの内容の契約変更という意味)」と登録されます。今までには登録されている人、登録されなかった人と様々なようですが、基本的に過去に完済した分の過払い請求に関しては、新たにコード71を登録することができません。
今回は返済中だけれど過払い金が明らかで過払い金請求をしたという人が金融庁の見解に該当する方になります。
2007年ごろに過払い金請求が「事故」「債務整理」という登録のされ方であったことが問題視された全国信用情報センター連合会(現:日本信用情報機構(JICC))では、問題となった後も「契約変更(コード71)」と記載され、明らかに過払い金請求があったことがわかり、その後の金融的審査に影響を及ぼしていたことが問題視されていました。
その問題を払拭するように、過払い金請求は個人信用情報に影響しないことを確約する内容です。