“美味しい”を追求するリゾート

italian

水の空間に面したイタリアンレストラン「ちゅらぬうじ」。夜には幻想的な景色を楽しめます

さて、“癒・食・泊”をテーマに掲げるザ・リッツ・カールトン沖縄は、食の部分においても確信犯的存在。リゾート・レストランの枠を超え、本格的かつ創造的なアプローチで、美食をプロデュースするその姿は、沖縄の食をリードする存在ともいえるでしょう。リゾートには、イタリアンレストラン「ちゅらぬうじ」、鉄板焼レストラン「喜瀬」、和食と洋食、琉球料理もいただけるダイニング「グスク」の3つのレストランがあります。
antipata

ニョッキに北イタリアのラルド・ディコロナタとゴルゴンゾーラを乗せた繊細な一品


main

メインには和牛サーロインをトリュフドレッシングで。ビーツのチップスがアクセント

イタリア人シェフが腕をふるう「ちゅらぬうじ」は、沖縄の言葉で美しい虹という意味。季節ごとに変わるメニューには、旬の島の食材がふんだんに並び、トラディショナルなイタリアンをベースに、オリジナリティ溢れる“美味”を追求しています。シェフのセンスが散りばめられた品々は、味はもちろんのこと、見た目の美しさ、繊細な表現、トータルでのバランス感覚など、どこをどう切り取っても感動的。一品一品が芸術的な完成度を持ってサーブされるレストランです。
kise

最高の食材をシェフによる最高の調理でいただける鉄板焼レストラン「喜瀬」

鉄板焼レストラン「喜瀬」では、沖縄県産黒毛和牛や沖縄近海の魚介を使ったクオリティの高いメニューを提供。目の前での調理はもちろん、シェフによる食材の説明と合わせて、最高の食材を贅沢にいただくことができます。あたたかい心のこもったシェフのサービスにリピーターが多いのも頷けます。

この「ちゅらぬうじ」「喜瀬」ともに、非常に人気のレストラン。外から食事に来られるゲストも多いことからも、クオリティの高さがわかるはず。予約必須です。