株主優待新設銘柄に注目

株主優待を今まで行ってなかった企業が、株主優待を始める場合は要注目です。優待を始めることにより、個人投資家に企業の存在を気づいてもらうことが出来、認知度が上昇するからです。個人投資家の株主優待狙いの買いが、株価上昇の一因となるかも知れません。今回は、直近の2014年7月7日に株主優待の新設を発表したディア・ライフ<3245>(東証マザーズ) を福の神オススメ9月株主優待銘柄としてご紹介いたします。

ディア・ライフ<3245>

ディア・ライフundefinedHP

ディア・ライフ HP

■株式データ 2014年7月14日終値基準 
株価 800円
売買単位 100株
予想PER(連)10.91倍
PBR(連) 1.46倍
予想配当利回り 2.25%
予想配当 18円
時価総額 約27億円

■株主優待
権利確定日:9月
優待がもらえる株数:100株以上
優待内容:
100株以上 一律、2000円分のQUO(クオ)カード

■株価の推移
ディア・ライフundefined株価日足チャート

ディア・ライフ 株価日足チャート

直近1年間、ほぼ470円~600円のレンジ相場が続いていました。しかし、2014年6月23日に終値ベースで600円の大台を上抜け、7月7日引け後の株主優待新設の発表後、翌営業日に急騰しストップ高しました。7月11日にはザラ場高値941円を付けてから反落しています。

注目ポイント

・東京都千代田区九段北にある投資用マンションの開発・販売が主力の不動産会社です。
・メインビジネスは不動産開発事業で、主に東京都23区内で、土地を仕入れ、25平方メートル程度の投資用ワンルームマンションを建築し、販売しています。
・マンションの主な買い手は、マンション販売会社、個人の不動産投資家、不動産投信(REIT)などです。
・土地の仕入れから、マンションの建築・販売まで最短で1年間半、平均的には2年程度で完了させています。平均的な販売単価は、20~30戸のマンション1棟で約7億円程度です。
・大手商社の双日で長年不動産に関わってきた阿部幸広社長の下、単体で社員数11名の少数精鋭で、業務をこなしています。
・効率性を重視し、ほとんどの開発案件は、本社がある九段下から地下鉄・JRで30分間のエリアにあります。

子会社

子会社で、トランクルームの賃料収納・入金管理・滞納督促の「セルフストレージ安心マスター」を行っている株式会社パルマを保有しています。全国のトランクルームの保有室数の50%以上が、このサービスを利用しています。

今後

売上高は、同社の土地の仕入れ状況をチェックすれば、容易に想定が可能です。手持ちのマンション用地が潤沢で、来期もマンション販売が高水準で、大きな売り上げ増が期待出来そうです。

首都圏の賃貸住宅に関するニーズは増大しており、少なくとも2020年の東京五輪までは、同社に大きなフォローの風が吹きそうです。7月の株主優待の発表を契機に個人投資家の注目を集め、株価もレンジ相場を上抜けてきました。今後、9月末の権利確定に向けて、更に個人投資家の注目を集めそうです。

*本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。
*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。