東京駅から新幹線とローカル線で2時間ちょっと

新潟県の柏崎市までは、東京駅から2時間ちょっとの道のりです。東京駅から新幹線で1時間40分前後(新幹線の種類によって前後します)で、長岡駅に。長岡駅から柏崎駅は信越本線で約45分です。

ちなみに、以前ご紹介した「あてま高原」からも、さほど離れていません。海水浴と緑のリゾートに1泊ずつというのも楽しいかもしれません。

日本海で泳いでみよう!

柏崎の海には、42kmの海岸線に15もの海水浴場があります。海水浴場によって、マリーナがあったり、アクティビティがあったりと、少しずつ違いがあるので、事前に柏崎市のサイト等でチェックしてみてください。夏は、日本海での海水浴が楽しめます。

南の島とは違う、しっかりとした濃紺の海と、濃い砂の色は、これぞ日本海ならでは!海岸線の様子や砂浜の様子も、関東や南の海とは違った景色が楽しめます。そして、ざぶんとやってくる“波”を楽しめるのも日本海だからこそ。いつもの海よりしょっぱく感じるのは気のせい、でしょうか(?)さらに、関東の海水浴場に比べて、人が少なめなのもよいところです。

我が家が遊びに出かけたのは、鯨波海水浴場。「日本の渚百選」のひとつだそうです。
鯨波海水浴場。シャワーあり・海の家での着替えも可能です

鯨波海水浴場。シャワーあり・海の家での着替えも可能です

 

ママもゆったりできる、お料理自慢のホテル

宿泊のおすすめは、地元のご当地グルメグランプリで2連覇をした鯛茶漬けのあるホテル「メトロポリタン松島」。
こちらは鯛いくら茶漬け。あつあつのおだしをかけていただきます

こちらは鯛いくら茶漬け。あつあつのおだしをかけていただきます

鯛茶漬けはもちろんこと、子連れでもゆったりと食事ができる部屋食は、海の幸いっぱいのお料理は心を込めて作られたとわかる絶品。子ども用メニューは、フルーツやおやつ、小さなジュースも付いて、子どもが飽きない工夫がいっぱいです。
子どもがうれしいものがたっぷり!旅ならではの“特別感”

子どもがうれしいものがたっぷり!旅ならではの“特別感”

絶品の鯛がいただける、舟盛り

絶品の鯛がいただける、舟盛り

広々とした館内ですが、なんと部屋数は意外に少なく19だそう。だからこそ、のきめ細やかなサービスが受けられます。

また、日本海が一望できる温泉には、ベビーベッドやベビーチェア完備で、赤ちゃんでも大丈夫。とくに夕日が沈む景色は夏の間のお楽しみだそう。ちょっと熱めのお湯で、海水浴の疲れが癒されることでしょう。
鯨波松島温泉のお湯。海と夕日の絶景に癒されてください!

鯨波松島温泉のお湯。海と夕日の絶景に癒されてください!


【メトロポリタン松島】

新潟県柏崎市鯨波1828番地
http://www.metoro.net/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。