東京の三大銀座商店街ひとつ十条商店街

商店街散歩シリーズを続けているわけだけど、やはり東京の三大銀座商店街のひとつといわれる「十条銀座商店街」を散歩しないわけにはいかないだろう。ちなみに残りの2つは先日行った「砂町銀座商店街」と「荏原銀座商店街」だそう。ところが、この「三大銀座商店街」の意外な事実が判明した。それは、記事の最後にふれているので、ぜひ最後までお読みいただきたい。というわけで、十条駅。

いい感じのたたずまいの駅だ

JR赤羽線の十条駅 アーチ型の入り口が印象的

駅前のロータリーにアーケード商店街の入口がある。ただし、このアーケードだけが十条銀座商店街ではない。十条商店街はいくつもの通りで構成されているのだ。ともあれ、中に入ってみよう。

なかなか立派な商店街の入口だ

十条銀座商店街のアーケード入り口のアーチ

こちらのアーケードは「本通り1区」「本通り2区」「本通り3区」というように呼ばれている。まっすぐ北へ伸びているアーケード商店街だ。この呼び方だけでもその規模がわかる。

まず驚かされるのは値段の安さ!

昔ながらの商店街で、お惣菜屋さん、洋服屋さんなど衣食が充実している

実はこの商店街、これまで何度か私用で足を運んだことがあり、個人的に大好きな商店街のひとつ。理由はなんたって、ものが安い!欲しいと思っていなかったものもついつい値段に釣られて買ってしまうほどの安さだ。