今までに無かった新ジャンル

サッポロビール ホワイトベルグ 参考価格:350ml缶 110円前後

サッポロビール ホワイトベルグ 参考価格:350ml缶 110円前後


サッポロビールが「ビール大国ベルギーに、学んだ!」というコピーのビールを販売しました。その名もホワイトベルグ。ベルギーのホワイトエール風のフルーティーなビールとなっています。

いただいてみると、スッキリと飲みやすく、雑味や苦みは感じません。他のホワイトエールでも感じられるような爽やかな風味が特徴です。原材料には、オレンジピールやコリアンダーシードを使っていて、柑橘系の爽やかな甘い香りを楽しむことができます。苦みはほとんどないので、苦いということが理由でビールが好きじゃない人にもオススメのビールです。

デザート代わりにも楽しめるビール

シンプルな味付けの淡白なメニューと合わせたい。

シンプルな味付けの淡白なメニューと合わせたい

日本の大手メーカーの多くのビール(ピルスナータイプ)のように、口の中の油分を流すような役割には向かないので、淡白なメニューやデザートと合わせる、もしくはデザート代わりにいただくのがいいんじゃないでしょうか。暑い日に外から帰って来たら、まずはグッと飲む、なんてのもオススメです。(その際はぜひグラスに注いで飲んでくださいね)

最大のポイントはコストパフォーマンス!

さて、多くのビール好きがこのビールを飲んで、もっとも評価していると思われるのは、そのコストパフォーマンスの高さです。酒税法上は新ジャンルにカテゴライズされる商品ではありますが、フルーティーなホワイトエールが350ml缶 100円ちょっとでいただけるというのは素晴らしいことだと思います。同じタイプのビールでは、ホワイトベルグの参考にもなったであろうベルギービールの「ヒューガルデンホワイト」や、アメリカでは定番となり、最近、日本でも流通している「ブルームーン」があります。味わいの濃さや深みでいえば、そのふたつに負けるものの、ホワイトエールの入門であったり、BBQ等に持っていくビールのバリエーションを増やすという意味では、歓迎できる商品だと思います。

■サッポロビール ホワイトベルグ
http://www.sapporobeer.jp/whitebelg/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。