宮古島のダイビング情報

宮古島の海を泳ぐ熱帯魚たち。元気な珊瑚の海ならではの光景undefined写真提供:宮古島ナビ

宮古島の海を泳ぐ熱帯魚たち。元気な珊瑚の海ならではの光景 写真提供:宮古島ナビ

珊瑚礁が隆起してできた宮古島は、沖縄の中でも一際海の美しさが目立つ島です。訪れる人を圧倒するのが、珊瑚礁特有の目の覚めるようなコーラルブルーの海。島を流れる川が一本もないというこの特殊な地理的要素が、宮古の海を世界でも有数の透明度に保っているのです。そんな宮古島の海はもちろんダイビング天国! ここでは宮古島でのダイビングについてお話しましょう。

 

宮古島のダイビングの基本

珊瑚の海が育む宮古島の海

珊瑚の海が育む宮古島の海は、まさに生命の宝庫!

宮古島のダイビングポイントは地形と珊瑚で分けられ、夏は八重千瀬がある島の東側、冬は伊良部島・下地島がある西側エリアを中心に潜ります。ポイントはどこもビーチから離れているので、ボードダイビングが基本。またポイントはとても豊富なので、一年中初心者から上級者まで楽しむことができます。12月~3月にはマンタとの遭遇率も高く、時にはザトウクジラやイルカと出会えることも! フィッシュウォッチングからダイナミックな地形まで楽しめるのが宮古島です。