ペアやアイスダンスでは、活発なパートナーの組みかえ

undefined

 

ペアやアイスダンスのパートナーの組みかえが一番多いのが、五輪直後のシーズンオフです。

五輪をひとつの大きな目標に設定していることから、五輪直前期にはペアやアイスダンスカップルの解消をとどまった選手たちも、五輪後のシーズンオフに新しいパートナーを求めることが少なくありません。

これまでにも、数多くのペアやアイスダンスカップルが、五輪後のシーズンオフに誕生してきました。

2010年のバンクーバー五輪後にそれぞれのパートナーとペアを解消し、新しく組んだタチアナ・ヴォロソジャール&マキシム・トランコフ(ロシア)は、4年後のソチ五輪で金メダリストになりました。また、2006年トリノ五輪後には、川口悠子とアレクサンドル・スミルノフ(ロシア)がペアを組み、3年後には世界選手権銅メダリストとなっています。

今年のシーズンオフには、これまでの五輪後には見たことのないくらいたくさんのペアとアイスダンスカップルが解消して、新しい組み合わせが生まれています。

ペアでは、引退したロビン・ゾルコヴィー(ドイツ)とともに世界選手権で5度チャンピオンになったアリョーナ・サフチェンコが、ブリュノ・マッソ(フランス)とペアを組み、すでにアイスショーでも演技を見せています。

世界選手権のメダルが目前のカーステン・ムーア=タワーズ&ディラン・マスクビッチ(カナダ)も解消し、それぞれマイケル・マリナロ、リューボフィ・イリュシチキナと新しいペアを結成しました。マリナロもイリュシチキナも以前のパートナーと国際大会で活躍していたけれどあと一歩というペアでしたが、新しいペアの結成によって、新しい風を吹き込むことになりそうです。

その他にも、ロシアのべラ・バザロワとユーリ・ラリオノフも解消し、それぞれ新しいペアを結成。また、以前日本代表として世界選手権銅メダリストになったマーヴィン・トラン(カナダ)もペアを解消し、同じくこのシーズンオフにペアを解消したマリッサ・キャステリ(現全米チャンピオンペア)と組むことになりました。

アイスダンスでは、ソチ五輪アイスダンス銅メダリストで、これからの世界のアイスダンス界を引っ張っていくと思われていたエレーナ・イリニフ&ニキータ・カツァラポフ(ロシア)がカップルを解消するという衝撃が走りました。その後発表されたのは、イリニフ&カツァラポフとヴィクトリア・シニツィナ&ルスラン・ジガンシン(ロシア)の男女が入れかわる形のカップルが2組できるということ。イリニフ&ジガンシン、シニツィナ&カツァラポフという、なんだか不思議な組み合わせの2組ができあがりました。