色味が変化したらホワイトバランスを設定し直す

ホワイトバランス

ホワイトバランスの設定画面。WBなどホワイトバランスの略記号またはメニューから設定項目に入る。


ホワイトバランス

プリセットされたホワイトバランスの設定値。光源に合わせて設定値を選び直すだけで色味を調整することも可能。

ホワイトバランスをオート設定で撮影していて、明らかに画像の色味が変化したときには、ホワイトバランスの設定をし直します。

ホワイトバランスの設定方法は、撮影地の光源に合わせます。まず撮影している場所でのメインとなっている光源を探ります。

野外であれば太陽光、室内であれば蛍光灯もしくは白熱灯などといったように光源を探します。室内の場合は複数の種類の光源があることがありますが、そのうち強く光っていると感じられる光源をメインのものとします。

光源が把握できたら、次にホワイトバランスの設定画面を開きます。カメラのコマンドボタンの「WB」と表記されたボタンを押すか、メニューから入り撮影メニューの中からホワイトバランスの項目を選択することで設定画面を開けます。詳しくは使用している機種の取扱説明書に従ってください。

ホワイトバランスの設定画面を開くと、AUTOの設定値以下、太陽光、くもり空、日陰、蛍光灯、白熱灯などの設定項目がアイコンとともに表記されているはずです。

この設定値をAUTOから先に把握した撮影地の光源に合わせて設定し直します。野外の場合は、晴天時と曇り空、日陰の場所などに応じて近い状況下のものを選択。室内では明かりの種類に合わせます。蛍光灯については数種類選択できる機種もあります。この場合はどれかひとつを選びます。

ホワイトバランスを光源に設定し直したら、改めて被写体を撮影します。そして、画像をモニター画面で再生し、先に色味が変化して写った画像と比較します。

ホワイトバランスを設定し直して色味が修正できれば、適正なホワイトバランス値になっているということです。

もしまだ色味が正しく再現できない場合は、他の設定値に変えて撮ってみます。蛍光灯の場合は、複数ある設定値それぞれに合わせて撮影し、最も色味が適正と思われるものを選びます。

カメラにプリセットされているホワイトバランスの設定値を選択しても色味が適正に再現されない場合は、カスタム設定という手段があります。

ホワイトバランスのカスタム設定とは、その場の光源の色温度をカメラに記録し最適な色味を再現させるための機能です。

カスタム設定の方法はホワイトバランスを設定する光源下で、白い紙など白いものをフレーム全体に写し記録するボタンを押して完了です。

写真の色味は被写体のイメージを左右する大事な要素。その色味の調整するホワイトバランスの設定方法を覚えておくと撮影に役立ちます。


 






■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。