注目の8月の高利回り銘柄トップ3を紹介

10万円以下の8月株主優待ランキング!今回はお買い物に便利な株主優待企業が多数ランクイン!

10万円以下の8月株主優待ランキング!今回はお買い物に便利な株主優待企業が多数ランクイン!

今回は2014年8月に株主優待が確定する10万円台以下で買える銘柄の中から、配当に加え、株主優待品を額面通りで評価した場合の金額(※)も含めた総合利回りを算出。その利回りランキングを参考に、株主優待の利用のしやすさなどを加味し、ガイドが選ぶトップ3をご紹介したいと思います。

なお、利回り118%!5万円以下の8月株主優待ランキングで取り上げております銘柄に関しましては、あえて除外しております。

※利回りを計算する上での株主優待の評価方法は、額面として記載されている数字を参考としています(一部ガイドが推定)。予想配当+予想優待利回りはあくまでも参考としてご覧ください。(2014年6月20日の終値で計算しています)

それでは、第3位から順にご紹介していきましょう。

第3位 ビックカメラ(東証1部<3048>) 

予想配当+予想優待売却利回り:5.4%

【2014年6月20日株価】 738円
【配当獲得最低投資額】 100株=7万3800円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 10円
【株主優待権利確定月】 2月末、8月末
【優待内容】 詳細はYahoo!ファイナンスの株主優待情報をご覧ください

第3位は株主優待が一番使い勝手が良く、利回りが高い、実質的な1位といっても過言でもないビックカメラ<3048>です!

いわずと知れた首都圏を中心に家電量販店を展開している企業です。家電量販店では5位でしたが、2012年、6位のコジマの50.06%の株式を取得し、子会社化して業界2位に。パソコン販売のソフマップも子会社です。

今回は100株を購入し、1000円分の株主優待券を年間で3枚獲得した場合を想定しています。(つまり利回り計算の際の株主優待は3000円で評価)

ビックカメラの買い物優待券は、割引券ではなく、そのまま使える有利な点があり、また家電だけではなく様々なものを販売していますので、利回り以上の便利さがあると思います。

また、長期株主向け優待制度もマル。1株を1年以上2年未満継続保有の場合、1000円分の株主優待券が追加、1株を2年以上継続保有の場合、2000円分の株主優待券が追加となり、2000円分追加の場合、利回りは8.1%となります!

業績は規模拡大で上向き基調。株価も緩やかな上昇基調となっています。課題としては、ネット販売との競合などがあるものの、日本株の好調が続けばキャピタルゲインも狙え、現時点の株主優待銘柄としては最も面白い銘柄の1つであると思います。

長期的に株価を見ると50日移動平均線と200日移動平均線が支持線となっておりますので、そこまで調整してきたところで買いを入れるようにすると良いでしょう。

次ページでは第2位と第1位の銘柄を発表します!>>>