Baxter(バクスター)が描く1950年代のインテリア!

baxter(バクスター)Rho-fiera会場

baxter(バクスター)Rho-fiera会場

イタリアの高級レザーソファのメーカのBaxter(バクスター)は、伝統の技術を継承、デザイナーと共に新しい美意識で革新的なプロジェクトを構築しています。2014ミラノサローネでは、輝かしいインテリアの黄金時代である1950年代のインスピレーションを再現していました。



1950年代のポップなポスターと共に
Chester Moon(チェスター・ムーン)

ポップな1950年代Baxter

ポップなポスターとChester Moon Sofa/by Paola Navone

今年のBaxterは、1950年代のインテリアにスポットをあてています。こころ踊る空間は、1950年代のポップなポスターが飾られていました。パオラ・ナヴォーネは、ひとつひとつハンドメイドで取り付けられたボタン留めが印象的なBaxterの傑作、Chester Moon(チェスター・ムーン)を中心にフィフティーズ空間を作り上げていました。手前のスツールはSTRMBOLI(ストロンボリ)と名付けられています。ストロンボリは地中海の灯台と言われている溶岩でできた小さな島の名前です。


甦るフィフティーズ!
MIO Nabuck sofa(ミオ・ヌバック ソファ) 

MIO. Nabuck sofa(ミオ・ヌバックundefinedソファ)undefined

MIO. Nabuck sofa(ミオ・ヌバック ソファ)/ by Draga & Aurel.

赤いソファはとっても印象的でした。セルビア生まれのファッションを手がけていたDRAGA OBRADOVIC(ドレッジ・オブラードビチ)女史とモナコ生まれのプロダクトデザイナーAUREL K. BASEDOW(オーレル・K.・グレイブス)がデザインしています。ソファの脚は磨かれた真鍮、ルビーレッドと白黒の幾何学的なプリントはそのままフィフティーズ(1950年代) を象徴しているかのようです。


時代を超えたフォーマルでエレガントなbaxter空間
TACTILE SOFA (タクタイル ソファ)

TACTILE SOFA by VINCENZO DE COTIIS

TACTILE SOFA(タクタイル ソファ)/ by VINCENZO DE COTIIS

TACTILE SOFA (タクタイル ソファ)は、イタリアの建築家Vincenzo De Cotiis(ヴィンチェンツォ・デ・コティス)の作品。時代を超えたフォーマルでエレガントなbaxterな空間です。ソフトな感触の洗練されたキルティングのソファは未来的であり懐かしさを醸し出しています。カタチはソファを超えて彫刻のよう、不思議に心を惹きつけられます。


レトロな空間!
DALMA LITTLE ARMCHAIR (ダルマ・リトル・アームチェア)

DALMA LITTLE ARMCHAIR

DALMA LITTLE ARMCHAIR/by Draga & Aurel

レザーのキルティングがエレガントで居心地の良い表情をしている椅子、DALMA Little Aramchair(ダルマ・リトルアームチェア)は、 ミオソファと同じデザイナーによるものです。全体を押さえたカラー、アンティークなコッパーのテーブル、ジオメトリックなカーペット、壁に設置されたシェルフなどレトロ感でいっぱいです。

今回の2014ミラノサローネ展示は、1950年代のデザインを現代に昇華しているように思えます。Baxterの特徴であるハイエンドなレザープロダクトを巧みに配置したフィフティーズのインテリアスタイルは、最も新しい感覚といえます。

今年の2月、東京の南青山にBaxterのショールームがオープンしました。日本でもBaxterのラグジュアリー感を肌で感じることができます。完全予約制ですので、必ず連絡をしてから訪問してくださいね!


<DATA>
Baxter(バクスター)  
Baxter(バクスター)日本語

<日本での取扱店>
BAXTER SHOWROOM
場所:東京都港区南青山7-4-2 アトリウムB1F ※完全予約制です!
予約・問い合わせ:南陽オモビト株式会社 03-6427-5369



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。