ホルモン激戦区から派生した「ホルモンまさる」

一時のホルモンブーム、出店ラッシュは去ったものの”安い”、”旨い”ホルモン焼きは、庶民の味方としてすっかり定着したように思います。私自信も様々なホルモン焼きを食べ歩く中で、自然とお決まりの何軒かができましたが、そのうちの一軒がホルモンの激戦区「亀戸」にある「ホルモン青木」です。

上ミノ

上ミノ

亀戸といえば、有名な「亀戸ホルモン」のほか、「初代亀戸ホルモン吉田」などもあり、「ホルモン青木」も含めて一日で三軒のハシゴなんて楽しみ方をしたこともありますが、それぞれどのお店も美味しく楽しめます。そんな中、何かと再訪しているのは「ホルモン青木」でした。そこで今回は、この「ホルモン青木」の系列店である「ホルモンまさる」をご紹介したいと思います。

三田駅すぐの路地にある同店、一階がテーブル席、二階が座敷となっており、亀戸のお店を思わせる味のある店内は、都心だからといって小洒落ていないところが好感がもて、ホルモン焼きらしくてほっとします。また、いつも人気で満席なので、二時間制をとっています。同店のほか青木系列は湯島の「ホルモン俵屋」、大久保の「でめ金」もあり、店舗展開力からも青木系列の人気の程が伺えます。


おススメのメニュー

同店の魅力は、なんといっても「ホルモン青木」と同様、素材の鮮度の良さと、ゴロゴロと大ぶりなカットのホルモンにあります。また、タレもわりと控えめで、酢の入ったつけダレや大根おろしポン酢と一緒に軽く頂けるスタイルにも魅力を感じます。

エンガワ(豚のハラミ)

エンガワ(豚のハラミ)


シマチョウ

シマチョウ


同店でおススメ、必ずオーダーするメニューは”白レバ”。同店のレバはとても鮮度がよく、大ぶりのカットでレバー好きにはたまらない一品で、生食が禁止になる前はよく刺身を食べていたのですが、残念ながら現在は焼いて食べなければいけません。それでもやっぱり美味しいレバです。そして牛ツラミ”。頬の部分で赤身肉になりますが、これもホルモンに分類されます。甘いタレとの相性もよく、脂の刺しがないので肉自体を楽しめるのでとても好きな部位です。また、豚のハラミ”エンガワ”は、よく焼いて食べるのがおススメ。表面は豚の脂でこんがりと、中はふわっとした食感になります。脂が好きなら”シマチョウ”もおススメです。甘いタレとシマチョウの脂との融合はたまりませんね。


白レバ

白レバ



同店で特に美味しい体験をした思い出の部位:シマチョウ、ツラミ、レバ

■ホルモンまさる
・住所:東京都港区芝5-21-14
・TEL:03-6435-1990
・営業時間:
11:30~23:00(L.O.)
・地図:Yahoo!地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。