働き方・生き方が変化するアラフォー世代

女性にとって「稼ぐ」ことはとても重要です。仕事を得て、経済的に自立している事は、シングル女性はもちろんのこと、結婚してからも必要な条件で、大人の女性として「稼ぐ力」はとても大事です。

しかし「40歳」という年齢に少しずつ近づいてきた最近、私の周りでは生き方、働き方を変化させる女性がとても増えてきました。
イメージ

キラキラと輝く女性に




◆「専業主婦をしてみたかった」という理由で20年というキャリアを持ち、支店長という役割を得ながらもスパッと辞めてしまった40代女性。もちろんもっと複雑な理由が多々あるのでしょうが、今では専業主婦になり、毎朝楽しそうに家族の弁当を作っています。今の彼女にとって家事が最高のライフワークとなっているのでしょう。

◆副業が本業に移りつつある女性。パートナーに手伝って欲しいと頼まれた仕事が面白くなり、本業と同じ位の収入を得る事ができるようになりました。副業で稼ぐことができると、長年辞めたいと思っていた本業にも肩の力を抜いて取り組めるのでやりがいを感じるようになり、楽しく本業と副業とこなしながらせっせと稼いでいる30代後半女性。自分らしく働いて稼ぐ事に気付いたようです。でも40歳の誕生日には本業を辞めようと計画しています。

◆メーカーに勤めながらも、「家族との時間」や「自分らしさ」にもっと目を向けたいと3年後退職計画を立てている美人アラフォー。プールしている預貯金を運用したほうが良いだろうか?という相談を受けたので、3年後に新しい事を始めるなら、これから勉強にも色んな事にお金が必要になるので、その為に使ってくださいねとお伝えしました。

少し止まるからこそまた歩き出せる

40歳にもなると、仕事にやりがいを感じながらもこのままでいいのかだろうか?と少し立ち止まって考えることが増えてきます。若さや勢い、また生活の為に働いていた頃とは違い、ある程度の経験やキャリアもつき、しっかりと仕事ができる世代でもあります。

先日、シャエラトン・グランデ・オーシャンリゾートで開催された「キラ女倶楽部」に参加してきました。そこで聞いたお話ですが、「歩く」という言葉を上下に分解すると、「少し止まる」と書きます。歩き続けるためには「少し止まる」ことも大切ですねと。そして少し止まって自分の歩んできた道を振り返り、頑張ってきた自分を褒めてあげましょう。そうしたら、もっと力が湧き、周りの人にも優しく接っしながらもまた歩くことができる。そのような話を聞きました。

働くアラフォーは本当に頑張っています。仕事に家事に育児、更に老親の世話も加わる年代です。そんな頑張っているアラフォーだからこそ、少し止まり、自分を褒めてあげてください。

働き方・稼ぎ方を変化させよう!

若い世代と40代とでは働き方を変えていいのではと感じます。

若いうちはある意味「就職する事」や「社会人とてして働く事」が一つの目的ですが、年齢と経験を重ねたら、「好きな仕事で時間と労力を使い稼いでいく」といった柔軟性を重要視した働き方も大切にしていいのではないでしょうか?女性は出産や育児、介護といった理由で長期に渡りひとつの所にとどまることができにくいといった女性ならではの要因があるからこそ、悔いのない人生を送るために、どんな仕事や働き方が良いのかといった事を考えることが大切だと感じます。

◆好きな仕事で稼ぐ
私は女性だからこそ、好きな仕事で稼ぎ、輝いてほしいと感じます。
「好きな仕事で食っていく」のは決して楽な道ではありませんが、好きではない仕事をお金の為に続けることは苦痛で仕方ない筈です。正社員として今の場所でキャリアを積むこともいいですし、フリーランスとして働くのもいいですね。好きな仕事なら、精一杯打ち込め、いい仕事ができ、収入にも反映してくると感じます。好きな仕事にシフトできるように、今から始められることは何か?考えてみましょう。

◆過去の経験が全て役に立つ
好きな事を仕事としてやっていくには、やはりそれまでの社会人としての経験がとても役に立ってきます。私自身が起業した時、社会人になって学んだ事をフル活用することができ、これまで何気にやってきたことも全て意味があったんだと気付かされました。

◆人生を輝かせる働き方
そのように、好きな仕事で稼いでいる女性を数多く見てきましたが、共通しているのは「輝いている」ということ。自分磨きや自己投資を怠りませんので、いくつになってもとても魅力的で、ピンと一本筋が通り、女性の品格を備えているように感じます。

アラフォー世代がキラキラと生きるための家計管理

自分らしく働いて自由になるお金があるということは、精神的にもゆとりが生まれます。若い世代とは違い、品のある女性になる為にも、身に付けるモノ、持つべきモノも、良質・上質のモノがいいでしょう。ブランドにこだわらす、自分らしさや品質を軸にした買い物がいですね。また、老後の為にとお金を貯め込むのではなく、自分を輝かせる事にお金を使う「自己投資」費を持つようにしましょう。

体型が崩れやすくなる年代でもあります。しっかり自分を観察し、健康的な美しさを維持することもとても大切だと感じます。このように考えると、若い頃と同じお金の使い方をしていてはいけないと気付き、どこにお金を使うべきか見えてきますね。

この40歳という時期をどう迎え、これからどう生きるのか、真剣に考え歩き出すことで、50歳60歳と年齢を重ねても魅力的な女性になっていけるのではないかと感じています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。