地上52階建て、高さ247メートルの中身

虎ノ門ヒルズエントランス

虎ノ門ヒルズの玄関口・2階の虎ノ門エントランス。話題のキャラクター・トラのもんがお出迎え

2014年6月11日(水)に開業となる『虎ノ門ヒルズ』は、地上52階建て・高さ247メートルの、都内2番目の高さを誇る超高層複合タワーです。ビル表面の一部がカットされたようなデザインが印象的で、東京メトロ『虎ノ門』駅、『神谷町』駅、『霞ヶ関駅』、都営地下鉄『内幸町』駅などから徒歩5分~8分程で到着します。

虎ノ門ヒルズがオープンする虎ノ門エリアは官庁街・オフビジネス街なので、周囲に特に大きな観光スポット、ショッピングエリアなどはありません。ただしこれだけ多くの地下鉄の駅が周囲にあるので他のエリアからのアクセスが良く、「食事だけ虎ノ門ヒルズへ行こう」とスケジュールに組み込みやすいのが魅力ではないでしょうか。
虎ノ門ヒルズ

ビジネス街に登場した超高層ビル。周囲のオフィスワーカーをターゲットとしたショップも多数入店しています

さて気になる虎ノ門ヒルズの中身ですが、既に大きな話題となっている日本初進出の『アンダーズ 東京』のほか、オフィス、住宅、カンファレンス施設(ホール、ミーティングルーム)、そして商業施設が24店舗オープンします。(一部店舗は8月下旬オープン予定)フロア構成は以下のとおりです。

47階~52階 ホテル『アンダーズ 東京』(164室)
37階 ホテルスパ
37階~46階 住宅(172室)
6階~35階 オフィス
4階・5階 カンファレンス施設『虎ノ門ヒルズフォーラム』
1階~4階 店舗
地下3階~地下1階 駐車場(544台)

次のページでは、24店舗の中からガイドが「“わざわざ”でも行きたい!」と思った厳選5ショップをご紹介します。

*『アンダーズ 東京』のレポート記事はこちら↓
 「日本初上陸、『アンダーズ 東京』のときめきポイント」