【新商品】パナソニック エコソリューションズ  
住宅用雨とい「Archi-spec TOI(アーキ・スペック トイ)」

屋根・軒先と一体化し、住まいを美しく魅せる雨とい


雨といは、屋根材や外壁材などに比べ、こだわる方も少ない建材かもしれません。しかし、充分に機能しなければ、住まいの寿命にも関わる重要なアイテムのひとつですし、外観デザインに影響することも。家づくりの際には、設計担当者の提案を取り入れるケースが多いと思いますが、耐久性やメンテナンス、そしてデザイン性など、確認しておくことも大切でしょう。

パナソニックからは、機能性はもちろん、軒先が美しく仕上がる住宅用雨とい「Archi-spec TOI(アーキ・スペック トイ)」が発売。雨とい単体のデザイン性のみだけでなく、雨といを屋根の一部として捉え、設計された商品です。
パナソニック

「Archi-spec TOI(アーキ・スペック トイ)」 軒とい


■屋根・軒先と一体化した形状、住宅になじむ質感

パナソニック

施工例1

「Archi-spec TOI(アーキ・スペック トイ)」は、雨といと鼻隠し(屋根の軒先部分に取り付けられる横板)との隙間を少なくし、鼻隠しの勾配に合わせた設置を基本とすることで、軒先との一体感を高めたもの。底幅を50mmまで小さくし、前面の立ち上がり角度・高さも軒先の外観を損なわない寸法となっているのも特徴でしょう。

住宅に馴染む質感とするため、雨といの軒とい本体と接続部材の材質には、55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板をベースに採用。また、「フッ素系特殊塗装」を施した特殊鋼板によって、高い耐久性や耐候性も。金属ならではの、シャープな雰囲気が屋根まわりを引き締めるでしょう。

■導水板による高い受水性
パナソニック

施工例2

機能面では、勾配の大きい屋根(スレート系瓦の場合 4.5寸以上)に対しては、導水板を取り付け、屋根からの雨水を軒とい内にスムーズに導く工夫も。従来製品と比較しても同等程度の排水能力があるとか。

外観デザインは、屋根や外壁などのデザインや色はもちろんですが、細かなアイテムの用い方によっても印象は大きく変わるもの。すっきりとしたデザインの雨といは、さまざまなスタイルの外観でも、取り入れやすいのではないでしょうか。

■Archi-spec TOI(アーキ・スペック トイ)
[カラーバリエーション]
・軒とい ストレートブラック、ディープブラウン、マットシルバー
・たてとい マットブラック、マットブラウン、マットグレー、マットホワイト
[参考]
※価格は、屋根のサイズ・形状などにより異なる。
ベースプラン:屋根面積73.4m²、高さ6mの切妻、5.4m²バルコニー有りの場合
希望小売価格  190,330円(工事費・税抜き)

【詳細情報】 パナソニック エコソリューションズ 



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。