マジェスティSは150ccスクーター市場を更に盛り上げるか?

マジェスティS

マジェスティS


150ccクラスのスクーターが注目されています。火をつけたのはホンダのPCX150。置く場所に困らないちょうどよいボディサイズと125ccに比べるとトルクフルで走りやすく、いざとなれば、高速道路も走行が可能な点が人気の理由です。

しばらくホンダが独占状態だった150ccスクーターに、スポーティーな装備を備えるヤマハのマジェスティSが登場しました。

発売と同時に大人気となったマジェスティSですが、PCX150とは全くコンセプトが違います。PCX150が快適性能を追求した車両であるのに対して、マジェスティSは走行性能を追及した車両です。

今回も1週間フルに通勤に使いマジェスティSの走行性能を試乗インプレッションします。

マジェスティSは走行性能を追求している

マジェスティS サイドビュー

マジェスティS サイドビュー


マジェスティSの製品ページを見ると、「すべては、スポーティーな走りのために。」という表記が見受けられます。乗ってみれば、まさにその通りの150ccスクーターです。

前後のサスペンションは硬めにセッティングが施されハードなブレーキングにも耐えコーナーでは接地感がありますが、乗り心地という面においては、特にフロントのサスペンションは硬く小さな路面のギャップを拾います。

マジェスティSのエンジンはレスポンス良く回り、アクセルを少しでも回している間はほとんど6000r/min以下に下がりません。どの速度域からでも少しアクセルをひねればグンと加速し、100km/hまではストレスなく回ります。

100km/hを超えても平坦な道であれば、120km/hぐらいまでは加速することが可能。高速道路での走行もきちんと想定されています。

マジェスティSのタイヤサイズはフロントが120/70-13、130/70-13を採用。これは同社の250ccスクーターであるマグザムと同サイズです。250ccのスクーターにも採用されるようなサイズですので安定性に優れており高速道路走行時も安定して走行することが可能です。

次のページではマジェスティSとPCX150の比較について説明します。