オキナワ マリオット リゾート & スパ

marriotte hotel

西海岸リゾートの中でも一番という高台に位置するオキナワ マリオット リゾート & スパ

喜瀬の高台に位置するオキナワ マリオット リゾート & スパ。グローバルブランドのマリオットが展開するリゾートは、東シナ海を一望できるパノラマビューが自慢です。

lobby

陽射しが差し込み明るい雰囲気のロビーエントランス部分


全室オーシャンビュー、そして全体的にゆったりとした作りになっているのがマリオットの客室。スーペリアでも44.6平米というかなり贅沢なつくりです。各室、窓側には一面ガラス張りのスペースが配され、高台ならではの眺望を楽しめるデザインでバスルームも広々。部屋での滞在をゆったりと過ごしたい方におすすめです。畳の部屋を有したファミリータイプの部屋もありますが、子供2人くらいならじゅうぶんに一部屋でOKというのが嬉しいポイント。
twin room

ゆったりと居心地のよいインテリアでまとめられた客室。広々とした作りで居心地抜群です


kids in pool

子供たちにとってはまさに天国!のガーデンプール。小さな子供でも使えるすべり台があったりという心配りも嬉しく、安心して遊ばせることができます

そして、ファミリーユーザーがオキナワ マリオット リゾート & スパを選ぶ理由の大きなひとつが、全長170mにも及ぶ県内最大級のガーデンプール。

ウォータースライダーやプールボートも本格的で、壁に描かれた沖縄美ら海水族館の人気者ジンベイザメに子供たちは大喜び。大人は子供のプール遊びにおつきあいと思いきや、眼下に広がるエメラルドグリーンの東シナ海の絶景に思わずうっとりです。

贅沢なリラックスエリアであるプールサイドには、バイブラバスや低温サウナも設置されているので、あまりの居心地のよさに、ビーチへは行かず一日中プールで過ごす人も少なくないとか。リゾートにおけるプールの存在を今更ながら開眼させてくれる、そんなガーデンプールです。
pool

沖縄イチ絶景が楽しめるプールともいえるガーデンプール。読書をしたり、カクテルを飲んだりしながら、ゆっくりと過ごすのが正解


ガーデンプールに加えもうひとつ贅沢なのが、スパ施設。ジェットバスやアロマバス、サウナのほか、半オープンエアースペースには屋外バスが設置された本格的なスパ施設です。ちなみに、こちらは水着着用ではなく裸での利用となるスパ。屋外バスで南国の空を眺めながらのバスタイムは最高に気持ちがよく、滞在中の大きな楽しみとなりそう。
spa

滞在中、何度でも利用したくなるのがこのスパ施設。優雅な気分で身体の内側から暖まります


este

アロマテラピーを使ったトリートメントで、至福の一時を

リゾートでの滞在では、エステのリラックスタイムを楽しみにしている人も多いと思いますが、こちらのリゾートのエステでは、フランスのアロマテラピーに基づいたナチュラルブランド「デクレオール」のメニューを体験できます。

エッセンシャルオイルでのトリートメントは、アロマの香りに包まれリラックス度が高いもので、人気は全身のボディマッサージや頭皮のマッサージをプラスしたコース。

最近は、男性の利用者もずいぶんと増えているので、男性の方も気後れせずにこの幸福至極の究極のリラクゼーションタイムを体験することをおすすめします。

もっと気軽に美的時間を楽しみたい方は、ネイルカラーの他、ハンドマッサージやフットマッサージも受けられるネイルサロンを利用するといいでしょう。また、本格的なフィットネスジムとトレーニングプール施設もあり、レッスンメニューも充実しているので、旅行中の食べ過ぎを防ぐために上手く活用してみるといいかもしれませんね。

sparkling

ヘルシーで美味と評判の「モーニングスパークリングドリンク」は、シークワーサーやアセロラなどのシロップを炭酸で割っていただくもの

さて、朝食の充実度はリゾートホテルを選ぶ時の大切なポイントになると思いますが、オキナワ マリオット リゾート & スパのおすすめは「オールスタービュッフェ」での朝食ビュッフェ。トリップアドバイザーの「朝食がおいしいホテル 2014」にもランクインしています。

和食、洋食、沖縄ご飯などのメニューがズラリと揃いますが、人気はライブキッチンと呼ばれるその場で調理をしてもらえるメニューの数々。5種類のエッグベネディクトや10種類のトッピングをお好みで選べるオムレツなどの卵料理や、マグロやウミブドウをたっぷり乗せたどんぶりご飯が人気です。オレンジジュースも目の前のマシーンで生のオレンジジュースが絞られて登場するというもの。毎朝、何を食べようか?と楽しくなる朝食ビュッフェです。

kariyushi beach

白砂が美しいかりゆしビーチ。ラウンジではソフトドリンクのサービスも

ちなみにオキナワ マリオット リゾート & スパはオンザビーチのリゾートではありませんが、国道を渡ったかりゆしビーチまでバス送迎あり(歩いても10分弱)で、ビーチには宿泊客専用のラウンジもあります。

ゴルフをしたい方は提携している喜瀬カントリークラブが利用可能。夏のシーズンは子供たち向けのシーサーペインティングやパン作り教室などキッズプログラムのメニューも大変充実しているので、お父さん、お母さん、子供たち、とそれぞれ癒されるポイントが異なる家族旅行でも、みなリゾートを満喫できそうです。

オキナワ マリオット リゾート & スパ
住所:沖縄県名護市喜瀬1490-1
総合インフォメーション : 0980-51-1000(代表) 
宿泊に関すること(宿泊予約) : 0980-51-1900 (9:30~18:00) info@okinawa-marriott.com

ご紹介したふたつのリゾートは、いずれもレンタカーを利用しなくても、路線バスや空港リムジンバスを使って行くことができます。車で1時間以内のドライブコースには人気の沖縄美ら海水族館や備瀬のフクギ並木、古宇利島など、周辺には観光ポイントも多く、アクティブ派にとっても観光拠点としてとっても便利です。

細かな点では、ベビーベッド貸し出しやコインランドリーも設備されているので、小さい子供を連れた家族にとっては実に過ごしやすいリゾートといえるのではないでしょうか。

さらに、よりラグジュアリー感を求める方には、ワンランクアップのスペシャルサービスが受けられる客室も用意されています。ANAインターコンチネンタル 万座ビーチリゾートではプレミアムフロア、オキナワ マリオット リゾート & スパではエグゼクティブフロアとして、それぞれ専用のチェックイン&アウトカウンターがあり、専属コンシェルジェが色々と旅のお手伝いをしてくれるというもの。予算に合わせてご検討くださいね!

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。