最新情報はこちら>>>保険会社の格付け&健全性ランキング2017年

生命保険会社の信用格付けを確認してみよう!

今回は、スタンダード&プアーズ(S&P)格付投資情報センター(R&I)の格付けを表にまとめてみました。
各保険会社の格付け

S&Pは2014年4月30日現在の保険財務力格付け、R&Iは2014年4月30日現在の発行体格付

生命保険会社の格付けは、保険会社の収益力やリスク耐久力等を調査していて、その結果はAやBといった符号で確認することができます。

最も良い格付けは「AAA」で、以下「AA」「A」「BBB」「BB」「B」「CCC」と続きます。また「AA」からはプラスとマイナスが付くこともあり、例えば「A」には「A+」と「A-」があります。一覧表には符号のない保険会社もありますが、格付けは保険会社が費用負担して格付会社へ依頼しているため、依頼していなければ通常は格付けはされません。

格付けは格付け会社の判断(意見)であり、生命保険会社の経営の健全性を示す絶対的なものではありませんが、判断材料の一つにはなります。AAAがベストですが、現在は1社もありません。世の中の状況によっても格付けは変わることから、同じ格付け会社での他社との位置関係を確認しておくと、健全性の違いが見えてくるかもしれません。

※格付の方法や定義等、格付けの詳細については、格付け会社のHP等で直接確認して下さい。

次は、ソルベンシー・マージン比率で保険会社をランキング!