ダイドードリンコの権利確定日は7月20日

株主優待は、事前に銘柄ごとによって定められた権利確定日に株式を保有している株主が貰えます。ほどんどの銘柄の場合、月末が権利確定日なのですが、まれに月末でない銘柄もあります。ダイドードリンコ<2590>も、権利確定日が月末でなく、1月20日、7月20日です。今回は、3000円相当の飲料などの詰め合わせが年2回貰える同社を福の神おススメ7月株主優待銘柄としてご紹介いたします。

ダイドードリンコ<2590>

ダイドードリンコundefinedHP

ダイドードリンコ HP

■株式データ 2014年5月19日終値基準 
株価 4035円
売買単位 100株
予想PER(連)22.28倍
PBR(連) 0.83倍
予想配当利回り 1.49%
予想配当 60円
時価総額 約669億円

■株主優待
ダイドードリンコundefined株主優待

ダイドードリンコ 株主優待

権利確定日:1月・7月20日
優待がもらえる株数:100株以上
優待内容:
3000円相当の同社グループ製品詰め合わせ



■株価の推移
ダイドードリンコundefined日足株価チャート

ダイドードリンコ 日足株価チャート

2013年6月7日安値3510円をつけてから、下値を徐々に切り上げる株価展開です。直近は、4000円から4300円のレンジ相場が続いています。

■注目ポイント
  • 大阪市北区中之島に本社があるダイドードリンコ。缶コーヒーで有名な独立系の飲料大手です。
  • 売上げの約9割が自動販売機にて販売されており、価格競争が厳しい量販店経由の販売は少なくなっています。デフレの波に巻き込まれにくい点が、かなりユニークです。
  • 「製造と物流を外部委託する」同社独自のビジネスモデルを確立しており、限られた経営資源を製品企画と自販機販売に集中投入することで、同業他社との差別化を図っています。一方で、フルーツ加工のたらみを買収し、同社が持つコンビニなどの販売ルートを活用する販促にも努めています。
  • コンビニ100円コーヒーの流行が逆風となっています。
  • 消費税増税のマイナスの影響があり、受託製造も単価下落と厳しい状況で、2期連続の減益となりそうです。
  • 株主優待で年2回も自社製品の詰め合わせが貰えるのが、個人投資家には好評のようです。

*本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。
*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。