偶然に、あすなろ建築工房の現場の前を通って通勤をされていたIさん。「変わった建物を建てる真面目な工務店」と目に映り、さっそくネット検索をされたのがきっかけで、工房の社長でもある建築家の関尾英隆さんと出合いました。
Iさんは既に当時お住まいのマンション近くにこの敷地を購入されていたので、あすなろ建築工房の手掛けた住宅を見学の後に、その家づくりの考え方と実際の仕事振りに共感し、関尾さんに設計を依頼されたのです。

3分の1だけ顔を出したバルコニーの家


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 東側に張り出した2つのバルコニーが特徴的な外観。外壁はガリバリウム鋼板仕上げ。
玄関
2. バルコニーの下はレッドシダーの羽目板貼り。玄関の扉はコールテン鋼素地仕上げ。
玄関
3. 玄関は自転車やベビーカーも置ける約3.5帖の広さ。足元は墨入りのモルタル仕上げ。
写真は全てMiho Urushido


渋谷駅から歩くこと約10分。起伏のある通りから路地に入ると、ハウスメーカーの住宅が並ぶ密集地が現れます。その一番奥にIさんの家は建っています。敷地は元々1つだった土地を6区画に分けたうちの16坪の敷地で、建坪は9坪以下という厳しい条件がありました。
外観の半分以上が隣家に隠れていますが、ガルバリウム鋼板で覆われた外壁と2階と3階に張り出した2つのバルコニーが、その存在を主張しています。
◆建築データと建築家プロフィール