無印良品のトレーで洗面所を整える

 

顔を洗う、歯を磨くなどのルーティンを行う洗面所は、そこで使うモノが多いため、どうしてもゴチャつきます。洗面所は生活感あふれる場所だからしょうがない、と思っていても、ホテルっぽいスッキリ感への憧れは捨てきれませんよね。

入手しやすい無印良品の小物を使った、気持ちのいい洗面スペースを作るコツをご紹介します。
 

トレーの上には適度な余白を作り、ミニフレームなどを活用する

ゴチャつく小物をとりあえずトレーに載せるだけでは、スッキリとした印象にはなりません。トレーの上がゴチャゴチャしていれば、必要なものが見つけにくく、使い勝手が悪くなるからです。使用頻度が低いものは収納し、適度な余白のあるトレー面を心掛けます。
無印良品のトレーで洗面所を整える

左:水回りに使うなら、無印良品の“重なる竹材長方形フタ”が水濡れに強くオススメ。写真は幅26×奥行18.5×高さ2.5cmサイズ。右:このフタは指がかかりやすく、掃除のときに持ち上げやすい。清潔感のある雰囲気は洗面所向き! なお、写真は歯磨きグッズを別の場所に置く設定です


生活用品をトレーにまとめたときに気になるのが、背が高くて目に留まりやすい歯磨き粉やヘアケア用品。ラベルやロゴは生活感を強調します。100均で買える小さなフレームを用意して、目隠し代わりに使いましょう。フレームではなく、お気に入りの雑貨などでも構いません。

おもてなしの心が行き届いたホテルでは、バスルームやトイレにも花や絵が飾ってあったり、なにかしら心和む仕掛けがあります。そういったイメージで、ちょっとした潤いアイテムをプラスできればOKです。
 

お皿を組み合わせてトレー面を区切ると片付きやすい

無印良品のトレーで洗面所を整える

左:洗面所で何をどれだけ使うか考えてトレーを選び、そのトレーにバランスよく収まるお皿を見つけられれば、片付けが楽になります。右:写真の例では、歯磨き粉ではなく液体歯磨きを使い、ラベルを剥がしてトレーの上を白くまとめています。小さなグリーンも無印良品のもの


トレーの上を使いやすくしたいなら、面を区切って用途別に使い分けましょう。無印良品の木製トレータモ 約32×24cmと、白磁角皿 約22.4×12.2×高さ2.5cmを組み合わせると、バランスよく区切れます。この組み合わせなら、真ん中あたりにお皿を一枚置くことで、トレー面が自然と3分割されるのです。

ヘアスプレーなどのアイテムが多い人は皿を若干前側に置き、小物が多い場合は皿をやや後ろ寄りに置いて、ゾーンのボリュームを調整します。もちろん、どちらかに寄せきって2分割にしても構いません。
 
無印良品のトレーで洗面所を整える

 

3分割の場合、水に濡れる歯磨きグッズはお皿の上を定位置として、手前を小物スペースに、背の高い基礎化粧品などは皿の後ろに置きます。何をどこに置くかを決めておけば、使った際に戻しやすく、片付いた状態が保てます。

トレーの上に何を出しておきたいのか、どう置けば使いやすいかは、人によって、また、洗面所の間取りによっても異なります。自分や家族のベストのセッティングを模索して、スッキリ使いやすく美しい洗面スペースを作ってみてください。

商品取り扱い●無印良品

【関連記事】
自宅でカフェ気分を味わうためのコーヒーグッズ
シルバートレーでエレガントなお茶時間&プチコーデ術
インテリアスタイリストお薦めの100均・300均グッズ
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。