今注目を集めている新しい矯正治療「マウスピース矯正」。いつでも取り外しが出来る透明なマウスピースを装着するだけで、比較的短期間で歯並びを整えることが出来る矯正治療として話題となっています。いいことづくめのマウスピース矯正ですが、デメリットはあるのでしょうか?マウスピース矯正を検討されている方に向けて、気になるポイントをご紹介していきます。

アメリカ製は古い?マウスピース矯正の製造元で治療に差が

マウスピース矯正は、アメリカ製・日本製などたくさんの種類のものがありますが、今現在最新で、もっとも正確に治療を行うことが出来るタイプは日本製の「アソアライナー」による治療です。

元祖マウスピースとしてアメリカ製のインビザラインが長年支持されてきましたが、治療スタートまでの期間が長いことや、治療完了までのマウスピースをまとめて作ってしまうことから、治療途中でのズレが大きいなどのデメリットがありました。これらのデメリットをカバーする形で誕生したのが、日本製のアソアライナーです。

アメリカ製のインビザラインと日本製のアソアライナーについての比較は、過去記事「日本製のマウスピース矯正・アソアライナーについて」にて詳しくご紹介しています。

マウスピース矯正でキレイに整うケースは限られている?

マウスピースは万能ではない

マウスピースは万能ではない

マウスピース矯正は、矯正治療の主流と言われてきたワイヤー矯正に比べて治療出来るケースが限られています。マウスピース矯正の流れは、現在の歯並びから最大1mmの移動幅で歯が動くように設計されたマウスピースを装着し、段階的に歯を整えていくというものです。大きく乱れてしまった八重歯や重なり合った前歯、前後に大きく傾いている歯などはマウスピースによる矯正は難しいと言われています。

また、いつでも取り外しが出来る点が大きなメリットであるマウスピース矯正ですが、終始取り外しをしていては効果も半減してしまいます。歯磨き時や食事時などを除き、1日17時間程度装着していることが必要なため、気になってどうしても外してしまう・という方には固定式のワイヤー矯正をお勧めします。

次のページでは、マウスピース矯正のデメリットをカバーし、上手に歯並びを整えるポイントをご紹介します。