フラメンコは、曲の種類や歌詞の内容に合わせて、様々な衣装や小物を使い分けます。衣装や小物は踊り手や舞台を美しく、華やかに演出します。皆さんもフラメンコ衣装の華やかさはご存知ですか?衣装と共に活躍してくれる小物たち、パリージョ(カスタネット)、ソンブレロ・デ・コルドベス(帽子)、マントン(肩に羽織るマント)、アバニコ(扇)、バストン(杖)等など。レッスンが進むにつれ、このような小物を使った練習も大事になってくることでしょう。

今回は初めてフラメンコを学ぼうとしている方に、私が考える初心者に必要だと思える基本の道具をご紹介します。


レッスンで必要な基本の道具

初心者道具

左上から時計回りに レオタード、5本指靴下、パリージョ、靴、スカート、スパッツ

私が考える重要な物から、優先順位を付けてみました。

【1】靴(サパトス)
まずはやはり、靴です。皮またはバックスキン製のフラメンコシューズです。サパティアードという靴底で打ち出すフラメンコ特有のリズムを刻む為に、つま先とかかとに細かく釘が打ってあります。私のお勧めは、やはりスペイン製のもの。作られてからの歴史が違うため、足のフィット感が違います。正しいバランス位置が取れるように作られていますので、足に掛かる負担が少ないです。

 

フラメンコシューズ

フラメンコシューズ裏  かかととつま先に釘が打ってあります

スペインに専門店がいくつかありますが、日本でも扱っているお店がありますので、「フラメンコシューズ」で検索すると専門店がいろいろ出てきます。マドリッドに工房がある「ガジャルド」は特に有名な工房です。プロは足型に合わせてオーダーしますが、出来上がってくるのに最低3ヶ月くらいはかかります。

フラメンコは足を特に酷使しますので、フィットするかどうかは本当に大切です。自分の足に合ったシューズを選びましょう。