10万円以下で買える!6月権利確定の注目銘柄は?

大好評の外食株主優待利回りランキング!今回は6月に権利確定する銘柄のうち10万円以下で購入可能な銘柄の利回りランキングです!

大好評の外食株主優待利回りランキング!今回は6月に権利確定する銘柄のうち10万円以下で購入可能な銘柄のランキングです!

NISAで買いたい外食株主優待利回りランキングNISAで買いたい5万円以下で買える外食株主優待ランキングがご好評を頂いております。

やはり消費税増税や円安に起因する食料品価格の上昇で少しでも食費を安くしたいというニーズがたくさんあるのではないかと思います。そこで今回は、これからでも狙える6月に権利確定する外食関連の株主優待を出している銘柄において、総額10万円以下で購入できる銘柄の利回りランキングをお届けしたいと思います!

※利回りを計算する上での株主優待の評価方法は、額面として記載されている数字を参考としています(一部ガイドが推定)。予想配当+予想優待利回りはあくまでも参考としてご覧ください(2014年4月18日の終値で計算しています)。

それでは、第2位から順にご紹介していきましょう。

第2位 三光マーケティングフーズ(東証2部・2762)

予想配当+予想優待売却利回り:8.4%

【2014年4月18日株価】 907円
【配当獲得最低投資額】 100株=9万0700円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 16円
【株主優待権利確定月】 6月末、12月末
【優待内容】 
詳細はYahoo!ファイナンスの株主優待情報をご覧ください


2位は三光マーケティングフーズ<2762>です。低価格居酒屋の「金の蔵Jr.」や焼き牛丼の「東京チカラめし」などを展開している企業です。今回は100株を購入し、3000円分の優待券を年2回(合計6000円分)獲得したケースを想定しています。ちなみに同社の場合、200株を購入した場合でも、もらえる優待券はそのまま2倍となります。

業績は主力の低価格居酒屋が低価格ブーム終焉で厳しい状況の上、焼き牛丼も競争が厳しく、2013年6月期は最終利益が赤字転落となり、2014年6月期も赤字継続の見込み。しかし、不採算店の閉鎖から2015年6月期は黒字に転換できる可能性があります。

株価も低位を横ばいで推移するような状況が続いており、優待狙いであれば、出来ればここ数カ月の下値支持線となっている875円前後まで下落してきたところを狙うか、あるいは狙いを付けておいて、株価がさらに大きく下落したところを待つのも1つの手だと思います。

第1位 小僧寿し(東証ジャスダック 9973)

予想配当+予想優待:10.5%

【2014年4月18日株価】 191円
【配当獲得最低投資額】 100株=1万9100円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 0円
【株主優待権利確定月】 6月末、12月末
【優待内容】 詳細はYahoo!ファイナンスの株主優待情報をご覧ください


今回の第1位は小僧寿し<9973>です! 同社は持ち帰り寿しの「小僧寿し」を展開している企業。今回は100株を購入し、1000円相当の株主優待割引券を年2回(2000円分)獲得したケースを想定しています。

業績は赤字続きでしたが、現在経営再建中。中期経営計画では今期は黒字転換見通しであり、来期、再来期と大きく利益を回復させていく計画です。もしも中期経営計画通り、業績が回復していけば面白いと思います。ただ、株価は上下動が激しいため、できれば大きく下がったところを狙っていければよいと思います。

参考:日本株通信

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。