【新商品】 DAIKEN

狭いトイレ空間でも車椅子の入室や介助を可能にする 「ひきドア」


住宅設備や建材の分野では、高齢の方や介護が必要となった場合などでも、使いやすく快適性を高めた機能を持つ商品は多くみられるようになりました。バスルームやトイレなど水まわりでも、より使いやすい工夫を施した、さまざまな提案がみられます。

たとえば、車椅子での移動や介助が必要となった場合、一般的なトイレプランでは、車椅子が出入りすることは難しく、入口から抱え上げて便器まで移動しなければならないケースや狭くて介助に必要なスペースが確保できない場合も。これらの問題に対してDAIKENでは、リモデル分野においてアライアンス関係にあるTOTOおよびYKK APの協力を得て、トイレ空間の広さは従来のままでも広い開口幅を確保し、車椅子での入室や介助をラクにすることができるトイレ用ドア「ひきドア」を開発。高齢者住宅・施設向け建材の「おもいやりシリーズ」のラインナップとして販売します。

daiken

 

今回開発された「ひきドア」は、引き戸と開き戸の要素を組み合わせた新しい開閉機構を用いて、広い開口幅を確保するトイレ用ドア。車椅子に座ったままでも入室することができ、便器への乗り移りや介助が可能な空間を確保することができるのが特徴です。連動引き戸のように、にぎりバーで横方向に引き、にぎりバーに組み込まれたボタンでロック解除することで、片開きドアのように手前に開き、最大1135ミリの開口幅を得ることが可能。もちろん、通常の引き戸のように使用することもできます。

daiken


 

トイレの側面を広く開放することができるので、便器近くまで車椅子のまま移動し、そのまま便器へ乗り移ることも可能。要介護者を抱えて移動する必要がありません。便器横の空間を介助スペースとすれば、脱衣や移乗介助など余裕を持って行うことができるでしょう。また、開放できることで、隅々まで掃除をすることが可能に。トイレ機器のメンテナンスもしやすいでしょう。

■主な仕様
・サイズ:(枠外巾)1195mm、(枠外高)2033mm、(最大有効開口)1135mm
・色柄:6色 ネオホワイト/ミルベージュ/クリアハニー/ティーブラウン/ダルブラウン/オフブラック
・デザイン:3デザイン
・価格:(予定)226,000円/set(税別)

【詳細情報】 DAIKEN 




匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。