埒があかなければ直接教頭か校長へ

『オバタリアン教師から息子を守れ』

『オバタリアン教師から息子を守れ』(中公新書ラクレ)

さて、いくら「大人の対応」をしてもオバタリアン教師の暴走が止められない場合、保護者はどうすればいいのでしょう。その点については、往年の校長経験者たちにも話を聞きました。

「率直に管理職に話したほうがいい。そうじゃないと学校としても指導ができないんです」

教頭よりも年上のオバタリアン教師というのもごろごろいるでしょう。管理職としては、うすうす気がついていても、いきなり「こうしなさい」という指導はしにくいようです。たしかに具体的にトラブルの認識がないのに、上司が部下の仕事の仕方に口を挟んだら、信頼関係にひびが入るということは、一般企業でも考えられることでしょう。保護者から要望があってこそ、「指導」という形で明確に改善指示を出すことができるようです。

保護者の立場からしてみると、担任を通り越していきなり教頭や校長に連絡をすると、即モンスターペアレント扱いされてしまうのではないかという恐怖感もあるようですが、管理職側からしてみれば、保護者からのクレームが、部下の指導の良いきっかけになることもあるようなのです。

「それでも改善しないときは教育委員会に訴えるのも一つの手段です」と校長経験者の男性は言います。

しかし、彼らも元教師。教師の立場にも一定の理解を示します。「自分の子がすべてというような親御さんが増えていますから、必要に応じて教師が叱っただけでも、『叱り方が悪い!』というクレームになることもあります。そういうクレームの数が増えると、本当に改善指導すべきクレームとそうでないクレームの判断が難しくなり、結局本当に改善指導すべきクレームが埋もれてしまう場合もあります」。

クレームを伝えること自体がいわゆる「悪質なクレーマー」なのではありません。クレームを伝えることで、間接的により多くの人たちに迷惑をかけたり、より大きな何かを失っているのに気づいていないことが「悪質なクレーマー」すなわち「モンスターペアレント」ということになるのだろうと、私は思います。




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。