「貯まる人」は早起きをしている人が多い

貯まる人・貯まらない人の違いを探るために、女性誌などの企画でアンケートをよく取ることがあるのですが、「貯まる人」に多い行動の一つが、「早起き」をすること。

以前より、その話をお伝えしてきましたが、在宅勤務という新しい働き方になっても、それは変わりません。
お金が貯まる人は早起きな人が多い?

お金が貯まる人は早起きな人が多い?

今回は、早起きをすることで“貯蓄”につながる理由を5つあげました。ぜひご覧ください。
 

1:「深夜のネットショッピング」のドツボにハマらない

深夜にネットやSNSを眺めていて、気づけばネットショップのページに。「そういえば、これ欲しかったかも」「今日ポイント5倍だから、買っちゃおう!」なんて勢いで、ポチッてしまった経験はありませんか?

翌朝目覚めて「あんなものを買ってしまった! 全然買う必要なかったのに……」と後悔したことが、誰しも一度や二度はあるでしょう。

そう、深夜の時間帯は気持ちがゆるんで、判断力が鈍りがち。必要かどうかの吟味が甘くなってしまい、無駄な出費が増えてしまいます。ネットを見るのはほどほどにして、その時間を朝に回してみましょう。

朝なら、気持ちもシャッキリして「自分にとって本当に必要かどうか」をじっくり考えられますし、ポイント5倍デーだとしたら「今日1日考えてから決めよう」と検討する猶予もあります。衝動買いや失敗買いが、いっきに減りますよ。
 

2:ゴールデンタイムに睡眠を取って、美容や健康に◎

お肌のゴールデンタイムといわれるのが、22~2時。この時間帯に睡眠を取ることで、美容や健康にも◎です。夜更かしをしてお肌が荒れ気味で、高価な美容液を使っていた方や美容皮膚科に通っていた方が、早寝早起きにシフトしたことでお肌の調子がよくなったという話もよく聞きます。

美容代がかかっていると感じる方は、高価な美容液を買うのもいいのですが、まずは早寝早起きをして体調を整えてみるのも一案。朝食をとる時間も確保できて、さらに美容や健康に磨きがかかりそうです。
 

3:お弁当を作る時間が確保でき、食費をセーブ

「貯まる人」の中で多いのが「会社にお弁当を作って持っていく」という人。でも、朝寝坊をしていたら、お弁当を作る時間なんてありませんよね。

早起きをすれば、お弁当作りの時間もたっぷり。ついでに夕飯の下ごしらえをしておけば、夕飯も自宅で食べることができ、外食したり、お惣菜を買って帰ったりする出費も削減できます。
 

4:準備を万全にでき、後悔やムダな出費がない

朝ギリギリに起きると、出かける前の支度の時間がなくなります。雨の日なのにうっかり白いパンツを履いて泥がついてしまったり、革のバッグを持っていって傷んでしまったり、午後から雨の予報だったのに、傘を忘れて慌ててコンビニに駆け込んだり……という経験があるのでは?

またマスク必須の今は、マスクの替えをバッグに入れ忘れて、急いでお店に立ち寄った、なんていうことにもつながってしまいます。

早起きをすれば、それらは事前に回避可能。1日の予定やその日の天候を考えながら、洋服や持ち物などの準備も万全です。安心して出かけられますし、余計な出費を避けることができるでしょう。
 

5:朝の時間を有効に使って「稼ぐ力」をアップ!

コロナによって在宅勤務が増えたある女性は、始業前にオンラインの英会話レッスンを受けはじめたと言っていました。数カ月続けたところ、英語力がめきめきと上達したそう! 

少し早起きをして、始業前の時間を有効に使ってみるのも手。オンライン講座や読書などの習慣を取り入れてみましょう。仕事関連の新しい知識を得たり、自己研さんしたり、リフレッシュしたりすることで、「稼ぐ力」のアップにもつながるはずです。

「早起き」というと「朝日が昇る前の真っ暗な中、歯を食いしばって起きる!」というイメージを持つ方もいますが、いえいえ、それはさすがに大変です。いつもよりほんの10分ほど早く起きるだけでもOK。

たったそれだけでも、起きてしまえば気分爽快で、ストレスも軽減できそう。明日からほんのちょっとだけ気合いを入れて、まずは10分だけ早起きを。そして「貯まる人」を目指してみませんか?

【関連記事・動画をチェック!】




【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。