布団専用クリーナー

注目の布団専用クリーナー3タイプ

レイコップの大ヒットを受けて、店頭で様々な布団専用クリーナーを目にする様になりました。布団専用クリーナーは、「布団が吸いつかないようある程度重さがある」「毎回かなりのホコリがフィルターに付着するため小まめな手入れが必要」など、専用ならではの特徴もありますので、使い方を正しく理解することが重要です。今回は、数ある布団専用クリーナーの中から、タイプが異なる3つの機種をご紹介します。毎日使うには、使いやすさが大事!あなたにとって、一番使いやすそうなタイプはどれですか?

ブレイクの火付け役「RAYCOP(レイコップ)」

「天日干しよりキレイ」というCMが印象的なレイコップ。布団に紫外線を照射し、叩きながら吸引することで、布団の中のダニやハウスダストを除去する独自のメカニズムが特徴です。また、布団との密着度を高めつつ布団が吸いついてしまわないよう、吸引口の周囲に布団を押さえる余白を設けた扇型の形状になっているとのこと。本体重量・形状・吸引力が最適にコントロールされた結果、片手で簡単に使える製品となっています。羽毛布団のようにフワフワした寝具でもスムーズに動かすことができるのは、専用機ならではのメリットと言えるでしょう。一回の使用でかなりのホコリがフィルターに付きます。フィルターは2つセット同梱されていて、毎回洗うことが推奨されています。

※参考サイト:レイコップ製品サイト・レイコップRS

 

コードレスでさらに手軽な、LG「ふとんパンチクリーナー」

韓国大手メーカーLGエレクトロニクスからも、布団専用クリーナーが発売されました。大きな特徴はコードレスであること。充電台にセットしておけばいつでもスタンバイOKなので、毎晩寝る前にサッと使うのが苦になりません。また、充電ステーションには紫外線によるUV除菌機能があり、吸込み口がいつも清潔にしておけるのも安心です。布団との設置面には半円形のプレートが2つ。それぞれ1分間に4000回、合計8000回も小刻みに叩いて繊維の中のホコリを浮かせて吸い取りる仕組み。こちらも、毎回かなりのホコリがフィルターに付着しますので、小まめな手入れが必須です。コードレスの他、コード付き・UV照射なしタイプの合計3モデルで展開しています。

※参考サイト:LG・製品サイト「ふとんパンチクリーナー」

 

ベッドの隙間や枕もこれ一台でOK「アトケア」

こちらも韓国発の布団掃除機。UV照射で除菌をしながら、パワフルなモーターと大きな回転ブラシで吸引する仕組みです。布団を叩く仕組みはありませんが、サイクロン方式を採用した強力な吸引力がウリ。サイクロン式のためホコリはダストボックスに溜まり、フィルターへの付着は比較的少なく、毎回フィルターのお手入れをする必要はありません。また、ちょっと一技ある個性派で、吸引ホースが取り外せるのが特徴。ホースを取り外せば、平面だけでなくベッドヘッドの隙間にたまったホコリや枕など、これ一台で隅々までキレイにできます。運転モードは、UV照射+本体吸引・本体吸引のみ・ホース吸引・UV照射のみの4つ。いろんなシーンに応じて使い分けられるので、寝室専用の掃除機として一台あるとかなり重宝します!

※参考サイト:ATOCARE・製品サイト
アトケア日本総代理店 株式会社Comm+Biz(コムプラスビズ)

 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。