アプリを使って回しながら見るのが楽しい

theta

専用ビュワーを使って全天球画像を鑑賞できる
 

THETA本体には画像を見る液晶画面はありません。撮影した画像を見るには、専用のアプリを使う必要があります。

THETAで撮影した画像は360度の方位は撮影しているので、専用のビューワーを使って再生することで全天球画像を堪能できます。画像を拡大させたり小さくさせたり、また画面上でグリグリと画像を回しながらみることで全天球という意味合いが体感できると言えます。

それでは撮影したひとつの画像をビューワーで操作しながら見える画像をいくつかご覧ください。なお画面をクリックすると拡大画像を見ることが出来ます。

theta

船上から撮影した画像をビューワーで再生。船の前方方向に画面を向けて。


theta

船の後方方向に画面を回してみるとこのように見える。撮影しているカメラの位置を中心に全体を回して見ることができる。


theta

船の横側に画面を回してみる。この位置では船の形は崩れて見えてくる。


theta

画像をズームで小さくし、カメラ位置を中心に天球型に見た画像。



theta

今度は位置を逆にして空の天の部分が中心になるように見た画像。


次のページではTHETAを使っての楽しめる撮影パターンを公開!