Brew(醸造)+Pub(酒場)=ブルーパブ

クラフトビールが流行となりつつありますが、ブルーパブという形態のお店をご存知でしょうか? 英語で書くとBrew pub、Brew(醸造)+Pub(酒場)、つまり、その場で醸造したビールを飲ませてくれるお店のことです。その場で出来立てのビールが飲めるだけでなく、多くの場合、輸送のコスト等がかかっていないため、リーズナブルなお値段でいただけるのも特徴です。美味しいビールがリーズナブルに飲める、これ以上素敵なことはありません。さらに、醸造している方からそのビールに関するお話を聞きながらお酒を飲めるというのも、ビール好きにはたまらない魅力といえると思います。
ブルーパブ=Brew(醸造)+Pub(酒場)

ブルーパブ=Brew(醸造)+Pub(酒場)


日本での認知度はまだまだ

欧米ではメジャーなブルーパブですが、2014年3月現在、日本での認知度はまだ低いと言えるでしょう。ビール/発泡酒を醸造するには、専用の設備が必要となるだけでなく、酒類製造免許を取得しなければなりませんし、年間の製造見込数量も決められています。ただ、近年のクラフトビールの流行からブルーパブが増えてきているのも事実です。

オススメのブルーパブ3軒

BAY BREWING YOKOHAMA
横浜・関内にあるブルーパブ。お店の横には工場があり、店内からもその様子を見ることができます。先日、チェコ最大のビアコンペティションにおいて金メダルを受賞したピルスナーを擁する、勢いのあるブルーパブです。
横浜・関内 BAY BREWING YOKOHAMA

横浜・関内 BAY BREWING YOKOHAMA


高円寺麦酒工房
杉並区・高円寺にあるブルーパブ。地元の人に愛されているお店、という感じで土日は開店時間の15時からお客さんが楽しそうにビールを飲んでいます。JR高円寺の駅から徒歩5分程度ですが、住宅街の中にあるので迷わないように注意が必要です。
東京杉並 高円寺麦酒工房

東京杉並 高円寺麦酒工房


クラフト ビア ムーンライト
川崎・登戸にあるブルーパブ。毎月新しいクラフトビールが登場し、飽きさせません。漢方の素材を使ったビールがあったり、ペットボトルに詰めて持ち帰りができるなど、買い物ついでに立ち寄る主婦にも人気のお店です。
川崎・登戸 クラフト ビア ムーンライト

川崎・登戸 クラフト ビア ムーンライト


東京だけではなく、2014年3月には名古屋駅近くにもブルーパブがオープンする等、この動きが広がっているようですので、ビール好きの方はぜひブルーパブをチェックしてみてください。

■BAY BREWING YOKOHAMA
http://baybrewing.jp/
■高円寺麦酒工房
http://beerkobo.web.fc2.com/
■クラフト ビア ムーンライト
http://www.craftbeer-moonlight.jp/
■Y.MARKET BREWING
https://www.facebook.com/y.market758


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。