200円をバスに乗って拾いに行きますか?

消費増税直前ということで、たくさんのテレビ、雑誌に出させていただいています。そこでお伝えしているのは、増税だからといって、駆け込み消費をあまり考えなくてもいいこと。1万円の商品ならば、増税分は200円です。もし、目の前に200円落ちていたら、間違いなく拾います!でも、確実に落ちている場所が、電車やバスに乗って行くところだとしたらどうでしょう?バスに乗って、200円拾いに行きますか?そこまで行く時間と、交通費やガソリン代を考えることも大事です。

 
消費増税前に買っておくとオトクなものって?

消費増税前に買っておくとお得なものって?



 
この時期になると必ず買いたくなる人が多いトイレットペーパーは、あるドラッグストアチェーンで、前月比2倍の売り上げになりました。「置けばどんどん売れるので、値下げはしません」とのこと。トイレットペーパーは300円台ですから、増税分は6~8円。場所も取りますし、その後のセールを狙った方がお得です。
 
でも、欲しかった物もあるし「増税前のセール」も気になる方は、今買うべき物をぜひチェックしてください。
 

今買うべきは「必要な物、高い物、値が落ちない物」

増税前に後悔しないお買い物の、ポイントは3つです。「必要な物、高い物、値が落ちない物」を買うこと。いくら高い物でも、もともと必要ない物なら、それは衝動買いの言い訳にしかなりません。あわてて買っても後で値段が下がるなら、増税後に買った方がいいケースもあります。
 
ポイントとなる3つに当てはまる物を考えてみましょう。まずは、今月中に物やサービスを受け取るために、予約や準備が必要な物から考えます。
 

人間ドック、歯科治療(自由診療)、エステなど

人間ドックや大腸内視鏡検査、胃カメラなどは、積極的に駆け込みたいものの一つです。ここで、病気を早期発見できれば、そのメリットは2%どころではありません。まさに、増税さまさまです。病気が見つかった人間ドックや大腸内視鏡検査などの費用は、高額療養費制度の対象となりますので、領収書は必ず取っておきましょう。
 
「子どもの歯科矯正のお金を9月中に払っちゃうの」と先日お会いしたお母さんはニコニコしていました。自由診療は、9月中の方がお得です。我が家も、夫の前歯が折れ「歯医者で今月中なら消費税8%でいいっていうから、治療費16万円前払いしたよ」「でかした!」前歯が折れたのに、思わずガッツポーズしました。
 
エステも消費税がかかりますから、お手入れは9月中がいいですね。
 

オーダーメイド

指輪のオーダー、礼服やスーツなどは、注文してから商品受け渡し日までに数週間かかります。オプションの注文や、仮縫いなどがない、イージーオーダーなら9月中にまだ間に合う可能性もあります。一律「この日以降の注文は10%をいただきます」というお店や、「9月中に注文すれば、受け渡しが10月になっても8%のままでいいですよ」(お店側が2%を実質負担します)という銀座山形屋のようなお店もありますので、注文時に確認しましょう。
 
ランドセルのオーダーも、商品の受け渡しが3月になることが多いのですが、ネットで9月30日までに注文した分は8%のままでいいです!という三越伊勢丹のようなケースもあります。
 

回数券

バスや電車の料金も上がります。回数券ならば、増税後も差額を払うことなく、残りの回数分乗車できます。
 
注意が必要なのは、エステや英会話教室などの回数券です。旅客運賃の回数券と違い、増税後の差額をお客さんに請求することもできるため、差額を払う必要があるかどうか、購入時に聞いてみましょう。
 

乗車券

10月以降に新幹線を利用する人は、9月中にチケットを買っておきましょう。JR東海のエクスプレス予約を使えば、同一区間なら予約時間までは何回も乗車変更が無料でできますので、手数料の心配はいりません。
 
飛行機の国内線のチケットも同じです。空港施設使用料は発券日で変わりますので、10月以降は改訂料金になります。
 

年間パスポート・入場券・前売り券

遊園地などの、年間パスポート、入場券、映画やお芝居の前売り券は、増税後もそのまま使えますので、必要であれば買っておきましょう。
 

家電

古い家電を買い替えようと思っていたら、来年の決算セールまで待たずに買ってもいいでしょう。消費電力が下がるので、その日から電気代が安くなります。ドラム式洗濯機などは、1年たつだけで性能がアップしますので、乾燥した時にしわがよらない、汚れがよく落ちる、節水できるなどのメリットがあり家事が快適になります。
 

パールと印鑑

女性なら一つは持っておきたい、一生ものの真珠のネックレスは、流行がないので「増税前のセール」で見かけたら買うのもいいですね。実印などの、印鑑も一生ものです。世の中はIT化でペーパーレスですが、IT担当大臣が、印鑑はITと共栄するとおっしゃったので、印鑑文化は続きます。
 

コンタクト

これも必需品ですね。ストックがあっても余計に消費するものでもありませんし、今安いところを探して買っておきたいですね。
 

仏壇

本当は墓石が高くて増税前に買いたいのですが、もう間に合いません。ところが仏壇はちょうどお彼岸セールの真っ最中。買い時です!数珠もいいですね。
 

あわてなくていい物はコレ!日用品

洗剤やトイレットペーパーは、そもそも値が安いのであわてて買わなくても大丈夫です。
 

お酒

TBSテレビのビビットでもお伝えしまして、国分太一さんと真矢ミキさんに大笑いされましたが、お酒は、「アルトノーム(あると飲む)」という方が多いのではないでしょうか。いつでも110円で買える、チューハイをストックがあるからとつい1本余分に飲んだら、あっという間に1ケース分の増税分が吹っ飛びます。つまり、買った方がお得でも、ストックせずその都度買った方がお得です。
 

化粧品

女性は高い化粧品を買っておこう!と思うのですが、ストックしないことが大事です。というのも、毎シーズン新しい化粧品が出るので、その都度効果がアップしたものを買いたくなりますから、必要以上に買わないことをおすすめします。
 

旅行

・飛行機国際線のチケット
国際線は、消費税はかかりません。
 
・ホテル
ホテルに直接予約する場合、10月以降はすでに10%の料金が表示されています。
 
・ネットで宿やツアー旅行の申込
旅行会社やプランによって対応が違うため、確認が必要です。9月中に決済を済ませれば、8%の消費税で旅行に行ける新幹線+宿のプラン、ネットの旅行サイトで宿泊の予約した場合、現地の宿泊施設で差額を請求されるケースなどがあります。パッケージツアーは、消費税も含む料金になっているため、10月以降の旅行を9月中に申し込んでも10月以降に申し込んでも料金は変わらないケースがほとんどです。
 

定期券

9月中に定期券をいったん払い戻して、6か月買うのと、10月以降に更新するのと、どっちが得かはこちら!バスは買い換えない方がお得です。電車は計算してみないとわかりません。
 

キャッシュレス決済ポイント還元はどうなの?

単純に同じ値段の物なら、早く買った方が得ですが、キャッシュレス決済で最大5%のポイントが還元されるため、どっちが得なのかわかりにくいですね。
 
デパートは対象外ですから、プレゼントなどを10月に買う予定があれば少し早めに買っておいた方がお得です。街の小売店は、ポイント還元の対象ですが、自動的にポイント還元業者になるわけではなく、お店が登録加盟店の手続きをしなければなりません。手続きは来年4月までできるため、10月1日からの増税に対応していないお店もたくさんあります。9月中に買おうか、キャッシュレスで10月以降に買おうか迷う場合は、買い物をする前に、お店で確認したいですね。

【関連記事をチェック】
消費税10%への増税前に「定期券」は、買い換えるとオトク?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。