滞在しながら歴史を見る!ホテル「ドゥワリカ」

外観は赤煉瓦の壁が印象的。窓枠が木製なのもネワール建築ならでは

外観は赤煉瓦の壁が印象的。窓枠が木製なのもネワール建築ならでは

中庭のカフェでお茶を楽しむのも一興

中庭のカフェでお茶を楽しむのも一興

別名「生きる博物館」と呼ばれているホテル「ドゥワリカ」。ここはオーナーのドゥワリカ氏が、カトマンズの歴史ある寺院や建築物が壊されてゆくのを惜しみ、長年にわたって美術工芸品を収集し再利用して作られた、まさにネワール建築の博物館のようなホテルです。

 
オーナーのコレクションが至る所に展示されています

オーナーのコレクションが至る所に展示されています

レンガ造りの壁を伝統工芸品である木彫の窓枠や柱が飾る趣深い外観。中に入れば、1300年代の骨董品を始め、数々の装飾品が飾られ、客室の家具、ベッドリネン、カーテン、カーペットなどは全てネパール製。異国情緒と歴史を感じさせる雰囲気作りにこだわった素敵なホテルです。

 

ホテルの中はどこも見どころ満載

山岳リゾートらしい暖かみある内装のヘリテージ・エクスクルーシブ・スイート

山岳リゾートらしい暖かみある内装のヘリテージ・エクスクルーシブ・スイート

お勧めメニューは「クリシュナルパンディナー6コース」

お勧めメニューは「クリシュナルパンディナー6コース」

客室は全74室5カテゴリー。ヒマラヤ杉の家具やチベット絨毯といったネパール製品をふんだんに使ったインテリアが特徴。バスアメニティグッズもナチュラルプロダクトにこだわるなど、ブティックホテルならではの細かいおもてなしが素敵です。

 
6コースディナーの前菜盛り合わせ

6コースディナーの前菜盛り合わせ

また、ネパール伝統料理をサーブするレストラン 「Krishnarpan (クリシュナルパン)」は、味も雰囲気もカトマンズいちと評判。ホテルに宿泊せずとも、このレストランだけは是非利用してみてください。過去にチャールズ皇太子やヒラリークリントンなど、世界のセレブが訪れています。民族衣装を着たスタッフが、ネパール流のおもてなしで迎えてくれます。

 

神々の住む街、カトマンズを散策しよう

ヒンディの破壊神シヴァを祀るシヴァ寺院

ヒンディの破壊神シヴァを祀るシヴァ寺院

活気溢れるインドラチョーク市場でお土産探し

活気溢れるインドラチョーク市場でお土産探し

15世紀、マッラ王朝の3つの王国(カトマンズ、パタン、バクタプル)がこの地を治めていました。そのためダルバール(王宮)広場が3つあり、それぞれの王がその美しさを競い合ったのだとか。それら全てが現在、世界遺産に登録されており、カトマンズは首都として機能しています。街に出ると、神の乗り物とされる「牛」がゴロゴロ寝そべっているのが印象的。

 
カーラ・バイラヴ像

カーラ・バイラヴ像

見どころのひとつ、シヴァの化身「カーラ・バイラヴ」の像の前では、嘘をつくと即死してしまうという伝説があります。また、生き神クマリの住む館も必見。クマリは国の運命を占う予言者でもありまする。

 

旅の締めくくりはエベレスト遊覧飛行

快晴のヒマラヤ山脈。一生の思い出となる記念写真が撮れるはず

快晴のヒマラヤ山脈。一生の思い出となる記念写真が撮れるはず

機内ではCAさんが山脈の名前などを説明してくれる

機内ではCAさんが山脈の名前などを説明してくれる

カトマンズ空港からプロペラ機で出発し、エベレスト山脈を間近に見る感動と興奮の体験。フライト中はコックピットに招かれ、パイロットの説明を受けながら操縦席から眺めを楽しむ事が出来ます。


<DATA>
The DWARIKA'S HOTEL
P.O.Box-459, Battisputali Kathmandu, Nepal

大好きネパール

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。