失敗しても損失が少ないのが自宅を教室にするメリット

「自宅のリビングで教室ビジネス」は、非常にリスクの低い方法です。
追加投資は不要ですし、教室の家賃という固定費が発生しなければ、売上の変動にも容易に対処できます。

それに、「教室ビジネス」は自分が講師となる、あるいは自分の友人知人を講師にすればいいので、初期投資が限りなく低い。

簿記講座、パン教室、読書会、フラワーアレンジメント、ピアノ教室などなど、自分が持っている特技・趣味で、自宅教室ビジネスができないか考えてみましょう。
数人程度なら自宅に招けるでしょうし、facebookなどのSNSを使えば、30人は無理でも5人くらいなら集まるかもしれない。

そうやって、無理のない範囲で小さくスタートアップしてみる。それでどれだけ人が集まるか。でも、思った以上に集まらないものです。ここで愕然として辞める人がほとんど。そこを我慢し、今度はちょっと無理して集客してみる。 

ブログを作り、メルマガを発行するのは無料です。ミニパンフレットでも、1万円ほどで作ることができます。今や無料でできるイベント告知サイトやニュースリリースサイトがありますから、それに投稿する。紹介割引券、回数券、入会特典、継続特典などはほぼ無料でできます。

あるいは自分の教室に興味を持ってくれそうな人が集まる会(交流会や勉強会、セミナーや講演)に参加する。そんな人的ネットワークを持っている人に協力を仰ぐ。マンションに住んでいる人であれば、自分のマンションはもちろん、近隣マンションでもチラシを作ってポスティングしてみる。

少し奮発して、タウン情報誌、市町村の新聞折込広告、ケイコとマナブのような媒体に広告を出してみる。

これなら、失敗しても損失はほとんどありませんから、気軽にスタートすることができます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。