やっぱり収納が足りない! そんな時は?

どうしてリビングが散らかるのかを考えているうちに、やっぱり収納が少なすぎるんだわ、と気が付くこともあります。でも、家具の買い足しで部屋が狭くなるのはイヤですよね。狭く見えない家具選びのポイントは、床面を見せること。同じボリュームのボックス型のものに比べ、床が見える家具は、圧迫感がかなり軽減されます。

お悩み解決!リビングが片付くインテリア収納

積み重ね・折りたたみOKなのに、なんと120kgもの重さに耐えられる頑丈な作りのスタッキングシェルフCASTELLO。モノが増えたら積み重ねて、モノが減ったら折りたたんで片付けられるので、ライフスタイルが変わってもずっと使い続けられます


NAGANOのスタッキングシェルフ CASTELLOは、折り畳みとスタッキングができるシェルフです。見た目はスッキリした印象なのに、約120kgという重さに耐えられる頑丈さもあり、積み重ねて収納場所が増やせます。もちろん、積み重ねるだけじゃなく横に並べて使ってもOK。インテリア雑貨が好きな方には、お気に入りを並べる“見せ収納”にいいですね。折りたためるから女性でも動かしやすく、模様替えも簡単にできますよ。幅60cm、120cmのタイプがあります。

紹介した家具はこちらで購入できます
-----

リビングが散らかる理由は、各家庭でそれぞれ違います。その理由を考えて、何が問題かを理解し、それを解決するグッズや家具を選べば、だんだんと散らかりにくい部屋に変えていけます。本や雑誌、小物が散らかりがちなお宅、また、家具の買い足しを考えていらっしゃる方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。