琥珀色が魅力的な香りのビール

クラフトビールがブームとなっていますが、日本のクラフトビールの中でも、もっとも手に入れやすいのが、よなよなエールではないでしょうか。全国のローソンでも販売をしています。(酒類取り扱い店舗に限る)

香りのビール、よなよなエール

香りのビール、よなよなエール


まずなによりも綺麗なのがビールの色… 日本の大手ピルスナーの混じりっけの無い金色も綺麗なのですが、この深みのある琥珀色も趣があっていいですよね。一口飲むと、香りが軽やかに、そして華やかに感じられます。この色や香りがピルスナータイプのビールとの大きな違いで、“エールタイプ”のビールの特徴なのですが、それを端的に表現しているビールがよなよなエールだと思います。

大手メーカーのビールとは違うビール

そもそもビールには大きくふたつの系統があり、ひとつがラガー、そしてもうひとつがエールになります。日本の大手メーカーの代表的なビールはすべてラガータイプのビールなので、大手メーカーのビールしか飲んだ事がない方には、とても新鮮な印象になるのではないかと思います。

パッケージには「香りのエールビール」と書かれています。香りはマスカットを思わせるフルーティーな香りでとても上品です。暑い日にグイッと飲むのもいいですが、どちらかと言えば、美味しい食事を楽しむ前に、食前・食中酒として優雅にいただきたいビールです。

缶での販売、スーパーなどで買える日本の地ビールは、現在のところ、そんなに多くないのですが、このよなよなエールが多くの人のクラフトビール道への入口になってくれるといいなぁ、と思います。日本やアメリカの大手メーカーのビールとは違ったビール… まだ飲んだことの無い人にはぜひ一度試していただきたいビールです。

ビール好きな人にはもうお馴染みだと思いますが、普通のビールとよなよなエールを一緒に買って飲み比べしたり、ギフトとして贈るのにもいいのではないかでしょうか。

直営店では樽生ビールも飲めます

よなよなビアキッチンでは樽生のビールと美味しい料理がいただけます。

よなよなビアキッチンでは樽生のビールと美味しい料理がいただけます。


よなよなエールを醸造しているヤッホーブルーイングの直営店「よなよなビアキッチン」が赤坂にあります。こちらでは、よなよなエールの他にも約10種類のビールを樽生でいただくことができます。よなよなエールを飲んで気になった方は、ぜひそちらも行ってみてはいかがでしょうか?

■よなよなエール醸造所 よなよなの里
http://www.yonasato.com/
■よなよなビアキッチン
http://www.yonayonabeerkitchen.com/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。