Windows 7の便利さをすぐに実感したい方は、まずウィンドウを操作してみてください。Windows 7ではWindows Aeroがさらに強化され、マウスジェスチャーなどで簡単にウィンドウを操れるようになりました。

今回は、Windows 7のAero Snap機能、Aero Shake機能、[デスクトップの表示]ボタンの使い方をご紹介します。なお、図版等はWindows 7 RC版のものを使用しました。

ウィンドウサイズを自動的に調整(Aero Snap)

Windows 7では、ウィンドウのサイズ調整がとても楽になりました。気に入ったWebページを見つけたら、タイトルバーをデスクトップの上辺にドラッグします。すると、ウィンドウが最大化されます。元のサイズに戻したいときは、タイトルバーを下にドラッグします(Aero Snap機能)。

 

 

また、タイトルバーを右辺または左辺までドラッグすると、ウィンドウがデスクトップの半分の幅に調整されます。

 

 

ウィンドウを振ると他のウィンドウが最小化(Aero Shake)

ウィンドウがたくさん開いている状態で、残したいウィンドウのタイトルバーを左右に振ると、他のウィンドウが最小化されます(Aero Shake機能)。

 

 

ウィンドウを透明にしてデスクトップを確認 

タスクバーの右端にある[デスクトップの表示]ボタンをポイントすると、ウィンドウが透明化されて、デスクトップにあるガジェットなどを確認できます。

 

 

さらに[デスクトップの表示]ボタンをクリックすると、すべてのウィンドウが最小化されます。

Windows 7のウィンドウ操作は、かなり工夫されてよりスマートになりました。特にウィンドウサイズを自動的に調整するAero Snap機能は使いやすく、ウィンドウ操作が楽しくなります。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。