崩れ具合によってスポンジや綿棒を投入!
こまめに鏡をチェックするのも悪化させないコツ

じっとしていても汗が止まらない夏肌は、崩れずにいられるほうが不思議。でも、リカバー方法を知っているのといないとでは、キレイに大きく差が出ます。そこで、西山さんが教えてくれたのがお助けアイテムの活用術。

「スポンジやブラシ、綿棒などをプラスすることで、グンとお直しの完成度が高まります。特にスポンジは必須。ヨレ具合によって、乾いたまま皮脂を吸わせるか、水にぬらして汗も皮脂も吸収させるか、その都度見極めることが大切です。そして、鏡をこまめに見ること。崩れた部分だけお直しすれば時短にもなります。こうしたケアで『どうしてそんなに涼しげなの!?』と注目されること間違いなしです」

このページは2013年7月9日時点の情報です