立体感をだして、もっと小顔!

◆色の濃淡で、メリハリをつける!

アイシャドウも、目の存在感を大きくする重要な目元のポイント。立体感を意識して。そのためには、色は、ベージュ×ブラウンなど、肌なじみの良い色で、色の濃淡を出しやすい組み合わせなら、失敗も少ないはず。

写真のように、アイホール全体(眉下まで)にベージュをのせ、その上にブラウンのグラデーション。目のキワは、黒のアイライナーで引き締めます。

山本浩未【山本浩未の小顔ポイント】
下まぶたにも、アイシャドウをのせましょう。上まぶたと同じブラウンで、目尻から目頭に向かってのせます。マスカラも上下に塗って、目元を上、下へ広げます。

教えてくれたのは

ビューティコーチ 山本浩未

各女性誌や広告などで活躍するヘア&メイクアップアーティスト。『MICO』連載「山本浩未のきれいのソース」も人気。好感度の高いヘア&メイクとともに、自身の明るい人柄やアクティブなライフスタイルも注目の的。

このページは2012年8月21日時点の情報です