「更年期」と言う言葉が気になるようになったら……

140101

大切なのはリラックスとスキンシップ

さあ、新しい年明けです。ここで妻としての歴史を振り返ってみましょう。結婚して何年経ちましたか? 5年、10年、20年。

妻の歴史も折り返し期、結婚生活も熟してきた、夫とそろそろ馴れ合いになってきたと思える頃、私たち女性はプレ更年期&更年期真っ盛り。更年期は閉経前後10年の「時期」を指すので、何もしなくても年を重ねれば誰もが迎えるもの。

イライラしていたり、怒りっぽくなったり、逆にズーンと落ち込んだり、急に老後が不安になったり。夫に「更年期じゃないの」、子供に「なんか最近おばさんくさいー」と言われるかたもいるでしょう。

木の実ナナさんや森昌子さん、高畑淳子さんらベテラン女優や歌手の方が更年期障害で悩んでいるとニュースで見ました。マドンナやシェリル・ラッド、スーザン・サランドンなど海外の著名人も更年期について語っています。40歳を過ぎた頃から「いつ更年期障害の症状が出てくるかしら」と意識する女性も多いかと思います。そこで、どんな症状が出るのか調べてみました。
 

更年期の具体的な症状とは?

更年期には、卵巣機能の低下による女性ホルモン「エストロゲン」の減少で、エストロゲン不足の影響と自律神経失調症状が出やすくなると医学的には言われています。大量の汗、のぼせ、顔のほてり、動悸などわかりやすい症状のほか、不安、うつっぽくなる、イライラするといった精神的な症状が出て来る人もいます。そして抜け毛、白髪、肌のかさつきは、単なる老化で避けては通れないものだと思いましたが、たしかにホルモン不足によっても現れる悩みです。

そのうえ、夫や子供に毎日チクチク小言を言ってしまったりすると、「おばさんになったな……」と思われてもしかたありません。「おばさんって見られるのはイヤ!」な方々、プレ更年期世代、更年期まっさかり世代な方々、更年期障害の予防策&改善策を学習しましょう。減少している女性ホルモンを意識して、休む時は思いっきり休むことが大切です。
 

更年期障害に悩む人、悩まない人、その違いは何?

持って生まれた体質の差はしかたありません。更年期を乗り越えるあるいは予防する肝は「寛容さ」と「生活習慣」です。

神経質で完璧主義をめざすタイプは、イライラがつのります。以前のように家事や仕事がはかどらないことで周囲の人にグチを言ったり、怒りをあらわにするようになったら要注意。
「あとでやってもいいじゃない」
「失敗してもリカバリーしよう」
くらいの「ま、いっか!」という気持ちに切り替えると楽になります。

夕食のメニューが1品減っても、部屋の隅にほこりがあっても「今日はだるいから、ま、いっか。元気なときにやろう」です。家事がてきぱきこなせなくても家族も自分も死にません。できることをゆっくりやるスピリッツを家族に宣言してみてください。
「更年期障害の症状で辛いから、のんびりするからね」と。

■次ページでは自分でできる食生活改善方法をご紹介