干し野菜チーズの作りかた・手順 

干し野菜チーズ

干し野菜チーズ


いろいろな野菜を天日干しにして、栄養をギュッと凝縮して甘さを閉じ込めました。かるく蒸し煮にすることで、楽しい食感が生まれます。ソースはブレンドしたチーズを溶かしたコクのあるソースに卵黄を混ぜて、カルボナーラ風の仕上げはいかがでしょう?

お好きな野菜を干して

お好きな野菜を干して

1:
野菜をカットして天日で干す。キューリ、大根、ニンジン、サツマイモ、ゴボウ、キャベツ、パブリカ、ジャガイモ。

2:
クルミオイルをフライパンに入れ、ニンニクを塊のまま一つ入れる。

3:
弱火で加熱して、香りを移したらニンニクは取り出す。

4:
1を入れて表面にかるく油をまわす。

5:
白ワイン、スープストック入れて沸騰させ、乾燥が強いものから順に入れ、蓋をして蒸し焼きにする。

6:
5の野菜を好みの硬さに戻し、パルメジャーノ、エメンタール、モツァレラチーズを入れて溶かし、野菜全体に絡める。

7:
6に卵黄を混ぜ皿に盛り、黒こしょうをかける。


ガイドからのワンポイントアドバイス

干し野菜の凝縮した味が、ボンヴーの甘さとしっくり合って、後味の苦味を強調します。野菜の干し方は食感を楽しみたいなら1日から2日がおすすめ、半干した野菜は冷蔵庫で保管してください。しっかりと干したら常温で保存できます。野菜は何でも構いませんが、おすすめは胡瓜と春キャベツ。サツマイモやジャガイモはかるく茹でて、表面の水分を取ってから乾燥させてください。野菜の乾燥具合に合わせて5の水分を調整してください。チーズの銘柄は何でもOKですが、数種類をブレンドするとコクが生まれます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。