【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

35歳を過ぎてからの結婚率

photo1

35歳を過ぎても結婚するための秘訣とは!

2010年の国勢調査
の抽出速報集計結果から各年代の未婚率推移を分析したところ、2005年当時35~39歳だった男性が5年後の40~44歳になり結婚できた割合は9.7%。女性では10.8%という結果に。男女とも35歳を過ぎてから結婚できる確率は、わずか10%しかないのです。

●2005年~2010年にかけて未婚者が結婚した割合は?
(※年代別 未婚者が5年間に結婚した割合のグラフを男女別に作成)
参考:http://www014.upp.so-net.ne.jp/kekkon/mikonnritu.htm
男性 
20代後半⇒30代前半 36%
30代前半⇒30代後半 27.5%
30代後半⇒40代前半 9.7%
40代前半⇒40代後半 1.8%
40代後半⇒50代前半 0.6%

女性
20代後半⇒30代前半 44.4%
30代前半⇒30代後半 31.3%
30代後半⇒40代前半 10.8%
40代前半⇒40代後半 4.1%
40代後半⇒50代前半 0.6%


確かに「結婚願望がある人の中で、実際に結婚できた確率」が本来の数値と言えるかもしれません。けれどそういった個人の事情はさておき、35歳を過ぎてからの結婚は、男女ともに司法試験に合格するよりも低い確率です。

それには収入問題が大きく関係しているのではないかとガイドは考えます。


年収から見る結婚の難しさ

「結婚相手の年収は最低でも600万円以上は欲しい」といった願望を抱く女性が多いと聞きますが、国土交通白書の平成24年度のデータによると、30代の独身男性で年収が600万円を超えている人は5%しかいません。全国平均年収は473万円ですから、多くの男性が条件面で結婚相手から外れてしまいます

つまり35歳を過ぎてから結婚を本気で考え、年収600万円以上の男性を結婚相手に望むのは非常に厳しい現実と言えます。夫婦共働きで年収が500万円を超えればいいと言われている昨今、結婚相手に経済力を求めるのは困難なようです。

それに男性は見栄っ張りでプライドも高いですから、独身男性の中には、「家族は自分が養いたい」と思っている人もたくさんいます。女性も長年勤めた会社を寿退社し、専業主婦になりカルチャースクールなどに通うといった生活に憧れる人もいるでしょう。けれど現実問題、夫婦共働きをしなければ現在の生活水準は保てないのです。

これだけリアルに結婚にまつわる数字を突きつけられると気持ちが沈んでしまいそうですが、35歳を過ぎても結婚する方法はちゃんとあります!