旅立つ前に知っておきたいグアムの気候、イベント

いつ訪れても"常夏"を感じられるグアム。乾季は湿度も低く、カラリとした空が広がります

いつ訪れても"常夏"を感じられるグアム。乾季は湿度も低く、カラリとした空が広がります

グアムの平均気温は約26℃。いつ訪れても、夏が待っているエンドレス・サマーな島です。季節は乾季と雨季の2つからなりますが、雨季でも台風を除けばスコール程度。ザバッと降って、パッと青空が広がります。この記事ではシーズナリティとあわせて、祝日やイベントもご紹介します。旅のスケジュールを組む時の参考にしてください!

グアムの気候

天気がいいと、テンションも上がります。太陽があると海の色もひときわキレイ

天気がいいと、テンションも上がります

海洋性亜熱帯気候に属し、最高気温は約32℃、最低気温でも約21℃。年間を通して気温の変化が少なく、平均気温は約26℃。一年中、泳ぐことができる、まさに常夏アイランドです。

一年は、11~5月の乾季と、6~10月の雨季の二つに分かれます。ベストシーズンはやはり乾季の11~5月ですが、雨季でもスコールの回数が増える程度。ただし、7~10月の台風シーズンは雨が多く、年間降水量約2500ミリの3分の2がこの時期に集中するほど! 数年に一度、大型台風に見舞われることもあります。

グアムでの服装

常夏の国ですので、基本的には日本の夏服でOK。ただし、レストランやホテルではエアコンが効いているため、薄手のジャケットやパーカ、カーディガンなど、羽織るものがあると快適でしょう。

日差しは通年強いので、サングラスや帽子は必需品です。また、日焼け派でもいきなり日差しに肌を晒すことなく、徐々に馴らしてから日光浴を楽しみましょう。