【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
クリスマス、クリぼっち

クリスマスはやっぱり、特別な一日にしたいですよね。

クリスマスに対する意識は、以前に比べると少しずつ変化してはいるようですが、やはり今でも大切な人と過ごす大切な一日は変わりないようです。家族のいる人、恋人のいる人は楽しいクリスマスを送るかもしれません。好きな人もいない場合も、それはそれでいつも通りの一日が過ぎていくだけです。

クリスマスはやっぱり、特別な一日にしたいですよね。しかしその中で悩み多き時期になるのが、片想い中の方。好きな人とクリスマスを過ごしたい! でも、恋人同士でもないのに一緒に過ごしてくれるのかな……と悩んでしまいますよね。そこで今回は「もう日がない!」と焦る気持ちにお応えして、片想い中の彼とクリスマスを一緒に過ごすためのポイントをご紹介します。

下手に出る

男性はやはりプライドが高く、「暇なら相手してあげても良いわよ」という姿勢で誘うのはNG。また「もしクリスマス予定ないなら誘ってね」などと、こちらから声をかけても結果的に男性側が誘わなければならないような、ややこしい誘い方も避けたほうが無難。二人の関係が友達以上恋人未満であとひと押しが欲しい! という場合は有効ですが、片想いと言う場合はあまり効果は期待できません。

効果的なのは「クリスマス誘っても良い?」など、“一緒に過ごして欲しい”と下手に出る方法です。例えば「クリスマス暇でしょ?一緒に過ごさない?」など上から目線で言われると、仮に暇だとしても素直に「暇だ」とは言いたくないなと思ってしまいます。ですが、「誘っても良い?」と下手にでることで相手もオッケーを出しやすい環境を作れるのです。

一点集中型で挑む

クリスマス、デート、イルミネーション

雰囲気重視ならイルミネーションデートはお勧めです。

あなたはクリスマスを彼とどう過ごしたいですか? カップルにとっては、クリスマスは一日を通してイベントになりますが、片想いの相手とはなかなかそうもいきません。

しかし、一緒に居られる時間が少ないからといって焦らず、これからの関係をより深めるためのステップと考えましょう。ですから、片想いの彼とのクリスマスは、メリハリのある過ごし方がおすすめです。

大好きな彼とクリスマスを過ごす上で、あなたが一番大切にしているポイント……もっと簡単に言えば、イベントにおける自分の魅せ場を考えてみてください。

二人で良い雰囲気になる空間を作りたいなら、イルミネーションのようなロマンチックな場所でのデートをメインにすればいいでしょうし、たくさん会話をして二人の距離を縮めたいというなら、食事をメインにすることが望ましいでしょう。