「ドゥーパティスリーカフェ」、菅又シェフから高山シェフへ

【2015年4月閉店】
「ドゥーパティスリーカフェ」の店舗外観

「ドゥーパティスリーカフェ」の店舗外観


2007年12月、東急東横線・都立大学駅からほど近い目黒通り沿いというスイーツ店激戦区にオープン以来、本格的なフランス菓子で瞬く間に人気を確立した「ドゥーパティスリーカフェ」。そのシェフパティシエとして腕を振るってきた菅又亮輔氏が、2013年12月末をもって退社し、新たな一歩を踏み出します。代わって新たにシェフに就任するのが、高山浩二氏。フレンチのグランメゾン「クレッセント」から修業を始め、「成城アルプス」「浦和ロイヤルパインズホテル」「アプラノス」などの名店で腕を磨いた、注目すべきパティシエのお一人です。

「ドゥーパティスリーカフェ」オープンから6年間シェフパティシエを務めた菅又亮輔氏

「ドゥーパティスリーカフェ」オープンから6年間シェフパティシエを務めた菅又亮輔氏


「菅又シェフの今後の展望は?」
「ドゥーパティスリーカフェで菅又シェフのお菓子はいつまで食べられる?」
「高山シェフはどんなお菓子を作るの?」
気になる諸々を、お二人に直撃インタビューしました!

次のページから、菅又シェフのお菓子はもちろん、これから店頭に登場する高山シェフのお菓子も、その一端をご紹介。2013年末から2014年始にかけての、ドゥーパティスリーの営業日程と見所もお知らせします。