六義園の素晴らしい紅葉ポイントを堪能

六義園というと、桜の季節と紅葉の季節によく訪れる。しかし、桜にしろ紅葉にしろなかなかベストのタイミングに訪れるのは難しい。六義園での紅葉のタイミングを逃していることは以前の記事でも書いた。というわけで、まずは芦辺の茶屋跡から見る渡月橋。
紅葉が実に美しい

芦辺茶屋跡から見た渡月橋の紅葉

六義園の紅葉も全体的には終わりかけている。今年は紅葉するのが遅く、その割に例年通りの時期に終わろうとしている。紅葉の時期が短かったというのが、今年の東京の紅葉の特徴だろう。
この橋からの景色もいい

山陰橋からの紅葉

それにしてもすごい人だ。この日、紅葉が楽しめる最後の日曜日だからだろう。というわけで、山陰橋の紅葉。こちらも終わりかけだが、なかなか美しい。その橋の上から撮ったのがこちら。
西日に照らされた紅葉が水に映る姿も美しい

山陰橋からつつじ茶屋方向を臨む

多くの人が山陰橋にからこの景色に見入っていた。他にもいくつも見所があった。この時期は染井門が開けられているので、そちらから出る。ちなみに六義園の入園料は300円。