発達障害だったら、そんなに問題?

hattatu2

発達障害かを疑うより、しっかり子どもを愛せるようにしませんか?

発達障害は機能障害のひとつである、というお話をしました。では、機能障害の方たちは、具体的にはどのように社会生活をおくっているのでしょうか? たとえば、肢体障害の方のためには「バリアフリー」という設備が用意されることで、ずいぶん日常生活が円滑になります。聴覚に障害がある場合には手話や口の動きからコミュニケーションを取る方法を身に着けることでそれを補います。発達障害は脳の機能障害です、とお話しました。であるなら、他の機能障害と同じように、それを補う訓練を受けることである程度日常生活を送ることができます。これをSST(ソーシャルスキルトレーニング)といい、療育とも言われます。

SSTや、療育を開始する時期は早いほどいいと言われています。なぜなら発達障害の種類によっては、決まったことを変えていくことが得意ではないという性質を持つことがあるからです。

自分なりのスタイルがある程度できてしまうと、「生きて行くためにこの方法を覚えるのよ」とどれだけ言い聞かせても、判らなかったり、伝わらない場合が出てきます。自分のスタイルを変えることに対して、とてもハードルが高いのが発達障害の問題のひとつともいえるからです。

発達障害が、問題じゃないとはいいません。ご家庭にはある一定の努力も必要になってくるし、日常生活になんらかのトラブルは起きてくるでしょう。ただ、やりようがないわけでもないし、絶望的な何かがあるわけでもないよ、ということは判っておいてほしいのです。

発達障害であることを理由に、我が子を愛せなくなってしまうママたちも正直います。そのことは、誤解が生み出した不幸であり本当に勿体ないことだと思っています。発達障害とは、強すぎる個性。まずはそのことをしっかりと理解して、上手に付き合っていって欲しいと思います。





【新サービス事前登録のご案内】
あなたの悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「夫の不倫が発覚したけれど、どうすればいいかわからない」「50歳で夫と死別して今後が不安」「3年間のセックスレスで悩んでいる」「子連れで再婚したいが、どうすれば……」などの悩みについて、同じような悩みを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。