3日で歯が白くなる最新のオフィスホワイトニング
『Only 3 Days』とは?

『Only 3 Days』の施術には、特殊な赤いホワイトニングジェルを使用します。このジェルは今までのオフィスホワイトニングと比べ、光やランプを当てなくても、歯の色素を分解する働きを持っています。光もジェルも当てずにホワイトニングを行うことが出来るので、歯にまったく熱を持たせることが無いため、しみるような痛みを感じることなく、身体への負担を最小限に抑えてホワイトニングをすることが出来ます。

また、今までのオフィスホワイトニングでは歯に持たせた熱が冷めるまでは、次のオフィスホワイトニングの施術は出来ませんでした。通常1週間ほど施術と施術の間を空け、歯を休ませる期間(ダウンタイム)を設けていたので、急いでで歯を白くしたい場合には大きなデメリットとなっていました。

ですが『Only 3 Days』は歯に熱を持たせないため、ダウンタイムが必要ありません。連日の施術が可能で、最短3日で白い歯に仕上げることが出来るようになりました。結婚式を間近に控えている方や、遠方から来院されて早く仕上げたい方にも嬉しいメリットが増えたのです。もちろん負担やデメリットが減っただけでなく、ホワイトニングの効果も以前のものより高くなり、歯が白くなったとご満足の声を寄せて頂けるケースも増えています。


歯のホワイトニング治療を効果的に受けるコツ

ホワイトニングジェルを塗布する様子

ホワイトニングジェルを塗布する様子

最新のホワイトニング治療は、前述のように身体に優しく、素早く高いホワイトニング効果を発揮してくれるものですが、治療の効果を最大限に発揮させるには、治療に当たっていくつかポイントがあります。

1. ホワイトニング前に歯の洗浄する
歯の表面にある、見えない汚れをきちんと落としましょう。具体的には水と空気とパウダーを高圧で吹き付けるエアフローなどを使用し、歯表面の汚れを取り除きます。そうすることでホワイトニングの薬剤が、ダイレクトに歯表面のエナメル質に働きかけることが出来ます。

2.施術の前に歯ぐきをガードする
歯の中で、もっとも色が濃い部分は歯の根元です。この部分まできちんと薬剤をのせ、ホワイトニングを行うことが大切ですが、オフィスホワイトニング用の薬剤は刺激が強いため、直接触れると歯ぐきを傷めてしまいます。それを防ぎ、かつきちんと歯ぐきのきわギリギリまで薬剤をのせることが出来るよう、1歯1歯の根元に歯ぐきを守るガードの薬剤を塗布することが大切です。

3.施術後にはトリートメントケアをする
オフィスホワイトニングが終わった直後の歯の状態は、シャンプーで髪を洗った後のように、傷つきやすく繊細な状態になっています。歯表面を滑らかに整え、よりホワイトニングの効果を引き出すために、ハイドロキシアパタイトによるトリートメントを受けましょう。透明感もクリアに仕上がりますので、このアフターケアはお勧めです。

他にもフッ素イオンを導入するケアも有効です。歯を健康に、虫歯に強い状態にケアしてくれるので、歯を長く健康的に保つことが出来ます。

4.オフィスホワイトニング+ホームホワイトニングを私用する
オフィスホワイトニングで白くして終わらせてしまわず、ホームホワイトニングで白さをきちんと定着させましょう。オフィスホワイトニングはしっかりと白さを上げる役割を果たし、ホームホワイトニングは色戻りを防ぎながら白さを定着させる役割を果たします。第三世代の、もっとも効果的なホームホワイトニング用ジェルを使用して、しっかりと白さをキープしましょう。


ホワイトニングでお口元が明るくなると、お顔全体が明るくなり、印象もがらりと変わります。最新のホワイトニング治療は短期で、集中してケアを行うことが出来ますので、ぜひ歯のパーツケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項