Linuxを使い始める上で一番問題になるのが、マイクロソフトOfficeやインターネットエクスプローラーなどWindowsで使い慣れた定番のソフトの互換性です。多くのWindows用のソフトはLinuxとは互換性がないため使えません。しかし、同じソフトは使えなくとも、日常的に使うような多くのソフトは、無料のLinux用の代替ソフトがあります。10年ほど前までは無料のソフトは使い物にならないものが多かったと思いますが、現在は有料のものと変わらないぐらい使いやすく高性能なものがたくさん出ています。WindowsユーザーがよりスムーズにLinuxを使い始められるように、Windowsの定番ソフトの代替となるソフトを紹介します。
 

代替ソフト

LibreOffice (マイクロソフトOfficeの代替)
文章作成や表計算及びプレゼンテーション資料作成の定番ソフトであるマイクロソフトOfficeは残念ながらLinuxと互換性がありません。しかしLibreOfficeにはマイクロソフトOfficeのワード、エクセル、パワーポイントそれぞれに対応するソフトがあり、マイクロソフトOfficeで作った資料をフォーマットを変更することなく編集したり、同じフォーマットで保存することができます。マイクロソフトOfficeのすべての機能があるとは言えまえんが、十分な機能を備え、よりシンプルで使いやすいソフトです。もちろん無料のソフトです。

libre calc

LibreOffice Calc (エクセルの代替ソフト)



Firefox、Chromium等(インターネットエクスプローラーの代替)
多くのLinuxのディストリビューションが標準ブラウザとして採用しているのがWindowsユーザーにも人気があるFirefoxです。Firefoxの同期機能を使えば、ブックマーク等をWindowsからLinuxへ簡単に移行することがでるので便利です。Google Chromeのオープンソース版であるChromiumブラウザも同様の機能を備えています。

firefox

Firefox



Thunderbird (Windows Live Mail、Outlook等の代替)
Thunderbird(サンダーバード)はWindowsでも広く利用されていて、Windowsのメールクライアントから簡単にメールを移行できるような機能が用意されています。Windowsメールのようにバージョンが変わるたびに名前やユーザーインターフェースがコロコロ変わることもなく、シンプルで使いやすいメールクライアントです。

thunderbird

サンダーバード



Rhythmbox、Amarok、Banshee (iTunes、Windows Media Player等の代替)
各ディストリビューションで採用している標準ミュージックプレイヤーは異なりますが、Rhythmbox、Amarok、Bansheeの3つが最も人気のソフトです。

rhythmbox

Rhythmbox ミュージックプレイヤー



Empathy (Windows Live Messenger等の代替)
WindowにはWindowsメッセンジャーやYahooメッセンジャー等様々なメッセンジャーがありますが、Linuxと互換性が無いためそのままでは使えません。Empathyを使えば、1つで多くのWindowsで利用されているメッセンジャーを管理・利用することができます。
 

empathy

Empathy (エンパシー)