Webサイトのフォームや、動きのあるページを作るために、Perlを使った簡単なCGIプログラミングを覚えましょう。最後には「美人時計」ならぬ「美描時計」を作ってみます。

動きのあるページは、現在だと JavaScript でもかなり色々な事ができますが、JavaScript はユーザのブラウザによっては期待通り動作しない場合もありますので、サーバ側で確実にコントロールできる CGI プログラミングも覚えておくと便利です。

CGIプログラミングのための準備

まず、CGIプログラミングのための準備として、Perlの他に開発テスト用のWebサーバをインストールして下さい。このページでは、Webサーバの準備が済んでいるものとして話を進めます。

CGIプログラミングと通常のプログラミングの違い

CGIプログラミングと今まで練習してきた通常のPerlプログラミングの違いは、以下の3点です。

  1. CGIプログラミングの場合は、ファイル内に「Perlのパス」を書く
  2. CGIプログラミングの場合は、表示したい内容の前に「HTTPヘッダ」も出力する
  3. CGIプログラミングの場合は、ファイルに実行パーミッションを付ける(Unix系OSとMacの場合)

では、簡単なサンプルを見ながら、これらの点を確認していきましょう。

Windows環境でテストを行っている方は、以下の内容を以下の内容を C:Program FilesApache Software FoundationApache2.2htdocs est.cgi として保存して下さい。

Mac環境の方向けのサンプルコードは後で掲載しますが、ひとまず解説もしてしまいますので飛ばさず読み進めて下さい。

Windows環境でのテストプログラム

#!C:strawberryperlinperl.exe --

use utf8;
binmode STDOUT, ':encoding(utf8)'; #Windows でもutf8
print "Content-Type:text/plain;charset=utf-8
";
print "
";
print "こんにちは";

Windows環境の方はブラウザから http://127.0.0.1/test.cgi にアクセスすると「こんにちは」と表示されるはずです。

>次は: CGIプログラミングのポイント1:「Perlのパス」を書く